このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟市立中央図書館 (2210022)管理番号
(Control number)
新市図-00155
事例作成日
(Creation date)
2008.03.07登録日時
(Registration date)
2011年04月12日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年04月12日 02時00分
質問
(Question)
日本語で,例えば「千」の読み方が「三千(さんぜん)」「四千(よんせん)」になり,「分」は「二分(にふん)」「三分(さんぷん)」になるのは,どうしてか説明している本が読みたい。
回答
(Answer)
該当資料
(1)『現代言語学入門2』(窪薗晴夫 岩波書店 1999)
回答プロセス
(Answering process)
「音声」「日本語」をキーワードにして検索し,8類の書架を探す。
(1)『日本語音声学入門』(斎藤純男 三省堂 2006)
(2)『現代日本語発音の基礎知識』(榎本正嗣 学文社 2006)
等を見るが,発声については詳しく書かれているが,探している資料とは違うようだった。
さらに詳しく聞くと,「連濁」というキーワードが出てきたので,その言葉で検索すると
(3)『現代言語学入門2』(窪薗晴夫 岩波書店 1999)
があり,内容も良かったので提供する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
叢書.全集.選集  (808 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
連濁
音声
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000084463解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!