このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-一般307
事例作成日
(Creation date)
2016年12月07日登録日時
(Registration date)
2017年01月20日 19時42分更新日時
(Last update)
2017年01月20日 20時39分
質問
(Question)
「ながきよのとおのねぶりのみなめさめ なみのりふねのおとのよきかな」という回文の和歌は、誰が詠んだ歌なのか? 出典などが知りたい。
回答
(Answer)
江戸時代、よい初夢が見られるように、印刷した宝船の絵を買い求め枕の下に入れて眠る、という風習があり、その絵にこの「ながきよのとおのねぶりのみなめさめ なみのりふねのおとのよきかな」(「長き夜の十の眠りの皆目覚め 波乗り船の音の良きかな」)という回文の歌が書いてあったそうです。

『典拠検索新名歌辞典』(中村薫 明治書院 2007)のP430-431に当該歌が掲載されており、出典、引用資料が掲載されていた。
そのなかで所蔵がある『嬉遊笑覧 4』(喜多村筠庭 岩波書店 2005)を確認すると、巻之八(P26-27)にこの歌についての記述あり。
いつ頃の歌かは定かでないことや、中国明代万暦二十年に刊行された日本研究書『日本風土記 巻五』に「琴譜廻文詞」としてこの歌が載っていること等が書かれている。

また、回文歌ということで、回文の方からもアプローチ。
『日本のことば遊び』(小林祥次郎 勉誠出版 2004)のP23-24に記述あり。この資料によれば、この歌は中国で万暦二十年(1592)に刊行された『日本風土記』という本に廻文詞として掲載されている、ということがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 9版)
研究法.指導法.言語教育  (807 9版)
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『典拠検索新名歌辞典』[R/911.1/ナカ・1112314248]
【資料②】『嬉遊笑覧 4』[SS/031/キ-4・1111660955]
【資料③】『日本のことば遊び』[807.9/コ・1112430291]
キーワード
(Keywords)
回文
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000207065解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!