このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立西部図書館 (2120003)管理番号
(Control number)
千県西-2008-0001
事例作成日
(Creation date)
2008/02/27登録日時
(Registration date)
2009年03月12日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年03月12日 02時10分
質問
(Question)
 言語学者の鈴木孝夫が外国で講演した際、「Pithecanthropus(ピテカントロプス)」という語をアメリカの子どもに見せたが意味が分からなかった。しかし,日本では「猿人」と書くので子どもでもおおよその意味はつかめる。
 以上のような話を何かの本に書いているそうだが、その本は何か。
回答
(Answer)
以下の2冊を提供した。
『ことばの社会学』/鈴木孝夫 著/新潮社/1987
『日本語と日本人』/芳賀綏 他著/講談社/1982
回答プロセス
(Answering process)
 当館資料で鈴木孝夫著の新書は所蔵していなかったため、それ以外の著作2冊を調べたところ、『ことばの社会学』に下記の内容が収録されており、おそらくこちらのことではないかと思われた。

「エール大学で講演した際に、「猿人」にあたる英語「ピセキャンスロープ(pithecanthrope)」を黒板に書き、これは何ですかと聞いたが、有名大学の偉い先生方が誰も知らない。見てしばらくしてわかりますかと言ったら、いくら見ても正解が出てこない。見当をつけることもできない。これが漢字だったら、はじめて見ても、見ている内にだんだんわかるだろう。」

 こちらの記事の初出は講談社ゼミナール選書というシリーズの『日本語と日本人』となっており、おそらくこの資料ではないかと思われた。 
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者の記憶によれば岩波新書か他の新書で、一般向けの英語に関する内容のものだったということ。
NDC
論文集.評論集.講演集  (804 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日本語
言語学
鈴木孝夫
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000052285解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!