このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000251549
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 18-0040
事例作成日
(Creation date)
2018/01/08登録日時
(Registration date)
2019年02月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月09日 00時30分
質問
(Question)
1 低年齢層におけるインターネット、ゲームの時間が北海道は1位
2 子どものスマートフォンの所有率も北海道は1位

 上記状況がわかる調査が公表されているか。
回答
(Answer)
インターネットで「ゲーム」「時間」「調査」「北海道」「のキーワードで検索したところ、「都道府県別統計とランキングで見る県民性」というサイトで、「小学生長時間ゲームプレイ率」を紹介しており、1位は北海道だった。
また、同サイトで「小学生携帯電話・スマートフォン所有率」も紹介しており、北海道は16位(1位は東京)だった。

この調査は「全国学力・学習状況調査」の2015年調査を基にしており、同調査は国立教育政策研究所で公表している(当館所蔵なし)ので、最新の調査報告書を確認した。

平成29年度の「全国学力・学習状況調査」の調査結果や報告書を調査したが、順位の情報は見つからず。
都道府県別の調査結果資料の中に、都道府県ごと別々に回答結果集計グラフが掲載されており、質問13に1日あたりのゲーム時間の調査結果が、質問14に1日あたりの携帯電話・スマートフォンによるインターネット利用時間の調査結果が、全国平均とともに出ていた。

「都道府県別統計とランキングで見る県民性」によると、「小学生長時間ゲームプレイ率ランキング」は、1日あたりのゲーム時間が4時間以上、3~4時間、2~3時間の回答3つの合計値で比較した順位、「小学生携帯電話・スマートフォン所有率」は、携帯電話・スマートフォンを持っていない割合から100を引いたもので順位をつけているとのことだったので、全都道府県の報告書を確認して同様の比較計算をすると、平成29年度版の順位を割り出すことは可能。
また、ゲーム時間に関しては、まったくしないという回答もあるので、質問13は「まったくしない」、質問14は「持っていない」の数値で比較することも可能。

その他、順位が記載されている情報がないかインターネットや統計・白書等を調査したが、見つからず。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
射倖ゲーム  (797 7版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
青少年
ゲーム
インターネット
スマートフォン
北海道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000251549解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!