このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000197981
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000013358
事例作成日
(Creation date)
2015年02月15日登録日時
(Registration date)
2016年10月08日 18時11分更新日時
(Last update)
2016年10月08日 18時12分
質問
(Question)
スマートボールが流行したのはいつか知りたい。
回答
(Answer)
スマートボールは、パチンコ台を寝かせたような形で、機械の右下にある棒を引っ張り、玉を突いて穴に入れる遊戯。
1933(昭和8)年、帝発式スマートボールが登場し、その後、別の会社からもスマートボールが発売されている。1955(昭和30)年にパチンコの連発式が禁止され、パチンコ屋が激減したことにより、1950年代に流行したと言われる。
回答プロセス
(Answering process)
・戦後史関係の辞典類にあたるが記載なし。

・百科事典にも記載が見つからない。

・似た遊技であるパチンコ関係の資料にあたると、次の記載が見つかった。

(1)『パチンコ百年史』(山田清一責任編集 アド・サークル 2002年)
「パチンコエンターテイメントの足どり」(年表)に、昭和8(1933)年、帝発式スマートボール発売、昭和30(1955)年、「パチンコ連発式禁止に伴い・・・パチンコに代わりスマートボールが流行」という記述がみつかった。年表を見ていくと、帝発式以外に三葉という種類のスマートボールが発売されている。(p.160,166)

(2)『パチンコ誕生』(杉山一夫著 創元社 2008年)
スマートボールは日本において1943年頃登場し、1950年代半ばに全盛期を迎えたとの記述があった。(p.82)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
射倖ゲーム  (797 9版)
参考資料
(Reference materials)
山田清一, 今泉秀夫 責任編集 , 山田, 清一, 1924- , 今泉, 秀夫, 1958-. パチンコ百年史 : ヨーロッパに生まれ日本で育った. アド・サークル, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003998507-00 , ISBN 4900972002 (p.160,166)
杉山一夫 著 , 杉山, 一夫. パチンコ誕生 : シネマの世紀の大衆娯楽. 創元社, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009656915-00 , ISBN 9784422210131 (p.82)
キーワード
(Keywords)
スマートボール
遊技
パチンコ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000197981解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!