このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000025157
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2005M0070
事例作成日
(Creation date)
20050222登録日時
(Registration date)
2005年12月01日 02時12分更新日時
(Last update)
2006年11月08日 09時51分
質問
(Question)
大正期、文士(ジャーナリスト)の間で流行したとされるトランプの「ペーシェンス」について。
回答
(Answer)
下記1~3の文献に記載があります。定義に若干の相違はありますが、いずれの文献においても、特定の遊びを指すのではなく、一人で行なうゲームまたは占いを総称して「ペーシェンス」と呼んでいます。なお、「ペーシェンス」の名称は用いられていないものの、トランプの一人遊びを多く収録する主な文献としては、4および5がありますので、ご参考までに紹介いたします。

1 『トランプ・ゲーム大百科』デヴィッド・パーレット著 松田道弘訳 社会思想社 1988 (KD958-E25)
*「英国ではペーシェンス(Patience)。アメリカでは、ソリテア(Solitaire)と呼ばれる。ペーシェンスという語は、シャフルしたパックを一定の順序にもどすことが目的のゲームに用い、ソリテアという語は、すべてのワン・プレーヤー・カード・ゲームに用いるのが便利ではないかと思う。」(p.458)との記述あり。「ペーシェンス・ゲーム」の章(pp.457-474)で11種のゲームを紹介。
2 『トランプゲーム事典』松田道弘編 東京堂出版 (KD958-E143)
*「カード・ゲームのタイプ別分類」の解説中に「6 ペーシェンス・ゲーム(ひとり遊び)。アメリカではペーシェンス、イギリスではソリテアといいます。日本では機械的にひとり占いと訳されることが多いのですが、もともとは暇つぶしの遊びで、占いが目的ではありません。(中略)1組あるいは、2組のカードを使って、一定のルールにしたがってカードを並べていき、全部のカードを決められた組み合わせに完成する遊びです。」(pp.6-7)との記述あり。「カードのひとり遊び」の章(pp.25-60)で16種を紹介。
3 『トランプの一人遊び』藤瀬雅夫著 大泉書店 1960 (KD958-E143)
*「ひとり占いは、一名を「ペィーシェンス」(Patience=我慢あそび)と言うくらいで、根気よく『運試し』をするところにおもしろみもあり、……」(p.149)との記述あり。「第2編 トランプ占い」の中に「ペィーシェンス」の章(pp.149-192)があり、19種を紹介。
4 『トランプ ひとり遊び88選』野崎昭弘著 朝日新聞社 1990 (KD958-E139)
5 『トランプの1人遊び ソリテアー・一人占い・一人遊びゲーム』石黒友有著 虹有社 (KD958-E235)

(各書誌事項末尾の括弧内は、当館請求記号です)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
典拠:『実業之世界』(1929年9月号)「安成貞雄追悼特集」(206p)より
NDC
射倖ゲーム  (797 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
トランプ
遊戯
ペーシェンス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000025157解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!