このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-160115
事例作成日
(Creation date)
2015/03/11登録日時
(Registration date)
2017年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月30日 00時30分
質問
(Question)
日本の古代将棋(中将棋)の,ルールだけでなく戦術を知りたい。
回答
(Answer)
1 中将棋のルールと戦術について
※【 】内は,当館請求記号です。
資料1 早川純三郎編『雑芸叢書 第1』日本図書センター, 1979【790/サ1/1】
pp.212-217「中将棋指南抄」の項にルールの説明があります。
pp.218-232に詰め将棋の記載があります。
※こちらは元禄年間に書かれた「中将棋指南抄」を,『雑芸叢書 第1』として1915年に出版した資料の複製になります。

資料2 尾本惠市 編著『日本文化としての将棋』三元社, 2002【796.04/オケ02Z】
pp.155-156「第二部 将棋の起源と歴史」-「平安から室町のさまざまな将棋」-「一 大型将棋の歴史」-「3 中将棋」の項
図3に中将棋布陣図があり,駒の説明等の記載があります。

資料3 増川宏一『将棋の起源』平凡社, 1996【796.02/マコ96Y】
pp.66-76 「第一章 最古の将棋駒」-「六、中将棋」の項
中将棋布陣の写真が掲載されており,駒の説明等の記載があります。
 
資料4 木村義徳『持駒使用の謎』日本将棋連盟, 2001【796.02/キヨ013】
pp.239-252 「第5章 持駒使用」-「第三節 中将棋」の項
図9に中将棋布陣図があり,中将棋の特徴等の記載があります。

2 参考
日本中将棋連盟のホームページに「中将棋講座」という項目があり,資料1についての解説もあります。参考までにご紹介します。
・「日本中将棋連盟」 http://www.chushogi-renmei.com/index.htm  (最終アクセス日:2017/1/7)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
将棋  (796 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
中将
中象棋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
小中学生
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000213532解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!