このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000256210
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2019-024
事例作成日
(Creation date)
2017年12月13日登録日時
(Registration date)
2019年05月21日 09時39分更新日時
(Last update)
2019年09月12日 15時58分
質問
(Question)
ヒトがどのような足の動きで歩くのか、全体の流れを知りたい。リハビリの参考になる資料がよい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『歩き方毎日健康法』(青木純一郎[ほか]著 自由ブックス社 1978)
 p29-31 歩行のパターンの説明あり。図あり。
『あるく ウォーキングのすすめ』(宮下充正著 暮しの手帖社 1992)
 p34-35 足のうらのローリングについての説明あり。図あり。
『ヒューマンウォーキング』(Jessica Rose[ほか]編 医歯薬出版 2009)
 p33 「正常歩行の運動学」に解説あり。
『歩く健康法 若さを保つ1万歩』(阿久津邦男著 女子栄養大学出版部 1975)
 p85「足の降ろし方」あり。
『歩行再建 歩行の理解とトレーニング』(大畑光司著 三輪書店 2017)
 p7 歩行についての説明あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈歩行 & リハビリ〉で検索する。

2 スポーツ医学(NDC分類780)の棚を確認する。

3 自館目録を〈NDC分類:498.35〉で検索する。

〈その他確認済み資料〉
『健康ウォーキングの科学』(波多野義郎編著 不昧堂出版 2008)
『ウォーキングブック 正しい知識と実践法』(浜本南海子訳 総合医学社 1997)
『中高年者の疾病予防・改善のための運動プログラム』(田中喜代次[ほか]編 ナップ 2010)
『中高年者の元気長寿のための運動プログラム』(田中喜代次[ほか]編 ナップ 2010)
『歩きの科学 なぜ頭とからだによいのか? ブルーバックス B-724』(藤原健固著 講談社 1988)
『歩くだけで健康になる 高血圧,心臓病,糖尿病,腰痛…効果抜群』(主婦の友社編 主婦の友社 1981)
『中高年のためのフィットネス・サイエンス』(宮下充正著 大月書店 2004)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
外科学  (494 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
スポーツ.体育  (780 9版)
参考資料
(Reference materials)
『歩き方毎日健康法』(青木純一郎[ほか]著 自由ブックス社 1978)
『あるく ウォーキングのすすめ』(宮下充正著 暮しの手帖社 1992), ISBN 4-7660-0044-7
『ヒューマンウォーキング』(Jessica Rose[ほか]編 医歯薬出版 2009), ISBN 978-4-263-21335-3
『中高年のためのフィットネス・サイエンス』(宮下充正著 大月書店 2004), ISBN 4-272-61216-6
『歩く健康法 若さを保つ1万歩』(阿久津邦男著 女子栄養大学出版部 1975)
『歩行再建 歩行の理解とトレーニング』(大畑光司著 三輪書店 2017), ISBN 978-4-89590-599-2
キーワード
(Keywords)
健康法
ウォーキング
リハビリテーション
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000256210解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!