このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000198806
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20161027-1
事例作成日
(Creation date)
2016年10月27日登録日時
(Registration date)
2016年10月27日 15時31分更新日時
(Last update)
2019年06月21日 16時06分
質問
(Question)
アスリート(スポーツ選手)のセカンドキャリアに関する資料を探している。
回答
(Answer)
以下の資料がみつかった。

<図書>
大泉実成著『裸のJリーガー : 知られざるセカンドキャリアの光と影』カンゼン , 2018.7
本学産業理工学部図書館請求記号:783.47 - O35

吉田毅著 『競技者のキャリア形成史に関する社会学的研究 : サッカーエリートの困難と再生のプロセス』道和書院 , 2013.9
本学産業理工学部図書館請求記号:783.47 - Y86

橋潔編著『Jリーグの行動科学 : リーダーシップとキャリアのための教訓』 白桃書房 , 2010.8
本館請求記号:783.47 - Ta33

アルバート・プティパ [ほか] 著 ; 田中ウルヴェ京, 重野弘三郎訳 『スポーツ選手のためのキャリアプランニング』大修館書店 , 2005.10
本館請求記号:780 - P46

<雑誌論文>
CiNiiの検索結果 タイトルに(セカンド OR トランジション OR 育成 OR 形成) キャリア  (アスリート OR スポーツ OR 選手)
https://ci.nii.ac.jp/search?q=%EF%BC%88%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%80OR%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%80%80OR%E3%80%80%E8%82%B2%E6%88%90%E3%80%80OR%E3%80%80%E5%BD%A2%E6%88%90%EF%BC%89%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%80%E3%80%80%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80OR%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%80%80OR%E3%80%80%E9%81%B8%E6%89%8B%EF%BC%89%E3%80%80&range=0&nrid=&count=200&sortorder=1&type=1  (2019/06/21 確認)

キャリアトランジション
「キャリア・トランジション─キャリアの転機と折り合いの付け方 」日本労働研究雑誌 2010年10月号(No.603)
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2010/10/index.html  (2016/10/27 確認)

<シンポジウム>
小川 千里,豊田 則成,服部 泰宏,金井 壽宏,重野 弘三郎「トップ・アスリートの引退時におけるキャリア・トランジション:生の語り(ナラティブ),理論的展望と実践的含意」経営行動科学 2009 22 2 143-160
http://ci.nii.ac.jp/naid/130004953035/ 10.5651/jaas.22.143 (2016/10/27 確認)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaas/22/2/22_2_143/_pdf  (2016/10/27 確認)

<調査資料>
平成25年度文部科学省委託事業「デュアルキャリアに関する調査研究」 報告書 - (日本スポーツ振興センター)
http://www.jpnsport.go.jp/Portals/0/sport-career/PDF/140501_%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%9C%80%E7%B5%82%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%E3%80%90%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%89%88%E3%80%91.pdf  (2016/10/27 確認)
セカンドキャリアについての内容を含む。文部科学省は、平成15(2003)年に作成した報告書で、セカンドキャリア対策の必要性を指摘しており、その内容を再録している。(p.15-18)

セカンドキャリア

大崎企業スポーツ事業研究助成財団「スポーツ組織団体におけるトップアスリートのファーストキャリアとセカンドキャリアに関する実態調査」大崎企業スポーツ事業研究助成財団 2009
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA90246500  (2016/10/27 確認)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025569100-00  (2016/10/27 確認)

<支援>
スポーツキャリア総合ポータル(日本スポーツ振興センター)
http://www.jpnsport.go.jp/Portals/0/sport-career/index.html  (2016/10/27 確認)


<エッセイ>
田中ウルヴェ京「キャリアトランジション―スポーツ選手のセカンドキャリア教育」
日本労働研究雑誌 2005年4月号(No.537)
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2005/04/pdf/067-069.pdf  (2016/10/27 確認)
回答プロセス
(Answering process)
<用語の確認>

セカンドキャリア(コトバンク)
https://kotobank.jp/word/%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2-187637  (2016/10/27 確認)

キャリアトランジション
「トランジション」は、「『転機』『転換点』『移行』を示す言葉」であると説明されている。
キャリア・トランジションという「職業生活における転機、離職、引退等、人生の転機に直面したとき、個人が自らのキャリアをどのように方向づけていくのか」という内容の特集号である。
解題「キャリア・トランジション─キャリアの転機と折り合いの付け方」編集委員会 日本労働研究雑誌 2010年10月号(No.603) p.2
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2010/10/pdf/002-003.pdf  (2016/10/27 確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スポーツ.体育  (780)
参考資料
(Reference materials)
吉田毅 著 , 吉田, 毅, 1963-. 競技者のキャリア形成史に関する社会学的研究 : サッカーエリートの困難と再生のプロセス. 道和書院, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024799759-00 , ISBN 9784810521238
キーワード
(Keywords)
スポーツ選手
アスリート
キャリア
セカンドキャリア
キャリアトランジション
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 書誌的事項調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000198806解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!