このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203522
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2016-12-004
事例作成日
(Creation date)
2016年11月11日登録日時
(Registration date)
2016年12月18日 11時39分更新日時
(Last update)
2019年06月07日 11時54分
質問
(Question)
島村抱月と松井須磨子の芸術座の公演が、大正3年から7年にかけて行われたそうですが、そのうち島根県内の公演についてわかる資料がありますか。
回答
(Answer)
当館所蔵資料のうち下記資料を紹介し回答

資料1:第10章「芸術座」には、大正2年5月から時系列に記述され、大正3年からの地方公演についても詳しい記述あり。
pp.589-590に、抱月が大正6年に中村吉蔵にあてた手紙が紹介されており、その中に「八月十、十一、十二が松江、それから米子、鳥取等を経て帰京は八月中旬(以下略)」とあり。しかし、実際の興業は、上演予定の松江の「栄徳座」が7月30日に焼失したため、劇場を「松江座」に変更し10日後に順延されたとしている。
pp.592-606では、山陰巡業の経過について記述あり。松江では地元紙「松陽新報」が取り上げたり、「山陰新聞」では「松井須磨子一行」の見出しで予告記事を出している。また「山陰新聞」が松江公演の劇評記事を書いている。松江公演後は、出雲今市、大社、平田、木次、大田まで巡業し東京へ戻ったとされる。
pp.802-816「島村抱月年譜」あり。その内pp.814-815に、大正6年の山陰巡業の記載あり。


【追記】
「山陰新聞」大正6年8月22日付けに「須磨子一座」の記事あり。演目(「剃刀」「カチューシャ」「所作事」)の配役を載せる。
回答プロセス
(Answering process)
資料1に出ている「松陽新報」大正6年は当館に所蔵なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者より:松井須磨子関係の資料、田中栄三『明治大正新劇史資料』は確認済
NDC
演劇  (770 8版)
日本文学  (910 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】岩町功 著 , 岩町功. 評伝島村抱月 : 鉄山と芸術座 下巻. 石見郷土研究懇話会, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069413773-00  (当館請求記号 郷貸出910.2/シ/2)
キーワード
(Keywords)
島村抱月
芸術座
島根県
松井須磨子
演劇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000203522解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!