このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000270332
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M19082118408019
事例作成日
(Creation date)
2019/08/18登録日時
(Registration date)
2019年12月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月19日 00時31分
質問
(Question)
勝山の高田硯について、文献上に現れる史料で最も古いものとして牧文書が伝えられているが、活字で見られるものはあるか。
回答
(Answer)
利用者からの情報によると牧文書とする根拠として資料①『美作の民俗』の「・・・天正の初年、この高田荘の領主三浦氏の重臣であった牧兵庫助から豊後の大友宗麟に硯1両を贈っている・・・(「牧文書」による)」という記述としている。
資料②『岡山県古文書集 第三輯』には美作牧家文書としていくつか書状が掲載されているが、文中に硯に関するものはなし。
資料③『岡山県史 第20巻 家わけ史料』には、美作美甘文書に牧尚春(牧兵庫助)による書状があるが内容に関連性なし。
資料④『岡山県地域の戦国時代史研究』には「石見牧家文書」についての解説と文書の翻刻がある。解説によると石見牧家文書は石見国津和野(現鹿足郡津和野町)藩家老の牧家の伝来文書とある。牧氏は戦国時代には美作国高田城(現真庭郡勝山町)の拠る三浦氏の重臣であったが、その後諸流それぞれ別個の経緯を辿りながら、石見国と美作国内各地に分散していった、としている。翻刻されている文書には、六号など硯を贈られたことのお礼を記した書状を数通見ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料②『岡山県古文書集 第三輯』山陽図書出版,1956(参照はp.297-299)
資料③『岡山県史 第20巻 家わけ史料』岡山県(参照はp.18-19)
資料④『岡山県地域の戦国時代史研究』広島大学文学部,1995(参照はp.100-150)
キーワード
(Keywords)
石見牧家文書
イワミマキケモンジョ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2019082118413108019
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000270332解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!