このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000133741
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
15210
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年07月15日 11時50分更新日時
(Last update)
2016年03月03日 10時38分
質問
(Question)
谷口嘉代吉(寸斎)の経歴と作品写真が掲載された資料は?
回答
(Answer)
(1)次の資料に、「谷口嘉代吉(寸斎)」に関する情報と作品写真の掲載あり。

・讃岐一刀彫 こんぴらの一刀彫を起源として 寒川広詞/著 1983

  ※p.112-128「讃岐一刀彫業の起源と沿革」に
   「谷口嘉代吉(寸斎)」に関する次のような情報あり。

    ・「・・・大正11年に、山中氏と谷口氏らによって、琴平地方特産の「楠材」と阿波地方の「肥松」を用いて、木目の
持味と自然の姿を生かして彫ったのが、一刀彫業の起源であろう。」

    ・「・・・寸斉氏は小さい彫物で彩色した一刀彫を特(ママ)意とした。・・・」

    ・「・・・寸斉氏は、明治十六(1883)年9月仲多度郡琴平町谷川に生まれ、昭和18年(1943)年9月22日死去した。」
 
    ・p.123の「写真130」に次のキャプションあり。
      「2代目象堂氏(篤・右)と寸斉の娘・二宮トモ氏(左)(象堂工房にて)」

    p.34の「写真21」に次のキャプションあり。
      「昭和12年(54歳)自宅での谷口嘉代吉(初代寸斎)(寸斎庵蔵)」

    また、寸斎の作品の写真は次の2点が掲載されています。

     ・p.46「写真40 肥松天然木達磨大師 昭和12年頃の寸斉作(寸斎庵蔵)」

     ・p.48「写真43 不動明王(肥松) 昭和12年頃の寸斉作(寸斎庵蔵)」

(2)次の資料に「谷口嘉代吉(寸斎)」に関する記述が含まれてた。
 
・日本の伝統工芸 10 四国 日本アートセンター/編 ぎょうせい 1985.10

  ※p.42-43「独創の意匠ー讃岐一刀彫」の項あり、
   そこに「谷口嘉代吉(寸斎)」が含まれるが、
   金刀比羅工業学校の第一卒業生で、
   讃岐一刀彫をしていたという情報のみ掲載あり。

・町史ことひら 3 近世・近・現代通史編 琴平町史編集委員会/編 琴平町 1998.4

  ※「九 琴平町立工業徒弟学校・工業高校」の項p.515に次の記述あり。

「・・・讃岐一刀彫の名士と称えられた山中篤一(象堂)と谷口嘉代吉(寸斎)は第一回彫刻家の卒業生である。・・・」

(3)次の香川県に関する以下の人名辞典等に谷口嘉代吉(寸斎)に関する情報は見当たらなかった。

 ・香川県人物・人材情報リスト 2011 日外アソシエーツ/編 日外アソシエーツ 2010.12
 ・香川人物名鑑 2001 四国新聞社/編 四国新聞社 2001.3
 ・香川県人物・人名事典 四国新聞社/編 四国新聞社 1985
 ・讃岐人名辞書 復刻讃岐叢書 梶原竹軒/著 藤田書店 1973.9
 ・讃岐人名辞書 続 磯野実/編 藤田書店 1985.1
 ・郷土歴史人物事典 香川 香川県中学校社会科研究会/編 第一法規出版 1978.6
 ・讃岐雅人姓名録 赤松景福/著 香川新報社 1916.3
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
木彫  (713)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
谷口嘉代吉(寸斎)
琴平町
讃岐一刀彫
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000133741解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!