このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2011-078
事例作成日
(Creation date)
2011年12月09日登録日時
(Registration date)
2012年01月26日 16時33分更新日時
(Last update)
2012年04月20日 16時01分
質問
(Question)
内田樹著「疲れすぎて眠れぬ夜のために」のp83で「山の民と海の民は収穫物が余ったから物を交換したのではなく、交換したかったからたくさん収穫したのだ」と引用している、三浦雅士の著書を探している。
回答
(Answer)
当館所蔵資料では、具体的に「三浦雅士」が「山の民・海の民」の物々交換について書いている資料は見つからなかった。
参考に、ネアンデルタール人とクロマニヨン人の違いをあげて、多くの学者が考えている説(余剰が生じたから交換したのではなく、交換したかったから余剰を作るように努力した)を三浦氏が紹介している図書『考える身体』(三浦雅士著 NTT出版 1999)を紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
自館所蔵資料の三浦雅士著作を調査するが該当なし。

《Google》を〈三浦雅士 & ネアンデルタール人 & クロマニョン人〉で検索する。
ヒットした中から、『考える身体』(三浦雅士著 NTT出版 1999)を調査する。
p34-38
例としてネアンデルタール人とクロマニョン人の違いをあげて、一般的に質問にある内容が述べられているが、海の民と山の民という言葉はない。
p35「人間は必要に応じて物を交換すると普通は思われている。だが、ネアンデルタール人からクロマニヨン人への決定的な飛躍は、むしろ逆に、交換が欲望を生み、必要を生んだことを教えている。(中略)ここからは経済人類学の領分である。そして、事実、多くの学者が、共同体間の接触が欲望を生み、その欲望が労働をもたらしたと考えている。すなわち、農産物に余剰が生じたから交換したのではない。交換したかったから余剰を作るように努力したというのである。」

《MAGAZINE PLUS》を〈山の民 & 海の民 & 三浦雅士〉で検索するが該当なし。

《NDL-OPAC(雑索》を〈(著者)三浦雅士 & (論題名)山の民 or 海の民〉で検索するが該当なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人生訓.教訓  (159 9版)
論文集.評論集.講演集  (704 9版)
参考資料
(Reference materials)
『考える身体』(三浦雅士著 NTT出版 1999)
キーワード
(Keywords)
心理学
人生訓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000100604解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!