このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000255211
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-337
事例作成日
(Creation date)
2019年02月05日登録日時
(Registration date)
2019年04月21日 09時59分更新日時
(Last update)
2019年06月24日 12時50分
質問
(Question)
花巻駅発の時刻表が掲載された古いチラシを持っているが、いつ頃のものか知りたい。
表題は「花卷驛發車時間表 巖手縣稗貫郡湯口村 大澤温泉塲」で、掲載時刻は下記の通り。
【上り】
 午前 2時21分 青森発 - 上野着
    9時37分 盛岡発 - 白河着
 午後 1時04分 尻内発 - 福島着
    4時26分 青森発 - 一ノ関着
    6時11分 青森発 - 上野着
    7時39分 盛岡発 - 一ノ関着
    8時57分 直行貨物
【下り】
 午前12時34分 上野発 - 青森着
    6時16分 直行貨物
    7時46分 一ノ関発 - 盛岡着
    9時36分 上野発 - 青森着
   11時20分 一ノ関発 - 青森着
 午後 2時46分 福島発 - 尻内着
    6時56分 白河発 - 盛岡着
回答
(Answer)
明治36年7月11日~同38年10月27日頃のもの。
ただし、このうち明治37年10月26日~11月25日は、別の時刻だったと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
(1)表題の「巖手」表記から、大正時代以前と想定。

レファレンス協同データベース>岩手県を「巌手県」と書いている本を見かけた。県名に「巌」の字が使われていたのはいつ頃までか。
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000216078

(2)明治~大正の鉄道史、時刻表の変遷を確認。チラシにあるように、東北本線が上野-青森間を1日2往復していたのは、明治30年12月~39年4月頃と判明。

・『全国鉄道と時刻表 2 東北 奥羽』新人物往来社∥発行 1986年
 ⇒p.177~178「東北・奥羽線等のあゆみ―時刻表の変遷― 二.常磐線・奥羽線の全通」
  p.221~223「東北線到達時分の変遷(戦前編)」
  p.231~232「東北・奥羽線関係年表」明治30~39年部分

・『東北・常磐線120年の歩み』三宅俊彦∥著 グランプリ出版∥発行 2004年
 ⇒p.25~30

(3)明治30年代の時刻表復刻版を調査。明治36年7月11日改正の時刻表がチラシの内容と一致(貨物車の時刻は未記載)。

・『旅のつれづれ 第1号』西庫太∥編 精美社∥発行 1904年
 ⇒時刻表p.24~27「下リ 上野(東京)青森間」「上リ 青森上野(東京)間」

・『明治大正鉄道省列車時刻表 解説』三宅俊彦∥編著 新人物往来社∥発行 2000年
 ⇒p.34「19.別冊付録「旅のつれづれ」 日本鉄道」

(4)この時刻表が、明治36年7月からいつまで使用されたものかを調査。(2)参照資料によると、翌明治37年2月に日露戦争が開戦、戦時ダイヤとなり、戦勝後の凱旋運行を経て、同39年4月から平時ダイヤとなった、とある。この間の時刻表は当館未所蔵のため、代わりに新聞(『岩手毎日新聞』『岩手日報』)掲載の時刻表と関連記事を確認。
確認できた範囲(※)では、凱旋運行ダイヤに移行する明治38年10月27日まで、明治36年7月改正の時刻表が掲載されていた。ただしこの間、明治37年10月26日に一時的な時刻改正が行なわれ、同年11月25日までは時刻表未掲載、11月26日から元の時刻表が掲載されていた。

※新聞記事調査範囲:時刻表は新聞の欄外余白に、概ね毎日掲載されているが、対象期間が長く、欠号も多いため、網羅的に調査したものではない。各月始めの欄外を確認し、時刻表未掲載または内容が異なる場合のみ、その周辺期間に時刻改正を伝える記事がないか確認した。

・『岩手毎日新聞』(マイクロフィルム)
 ⇒明治37年10月25日p.2「日本鉄道の列車時刻改正」(*11月17日までの改正で11月18日より元に戻るとあるが、前述の通り11月25日まで時刻表未掲載のため確認できず。)

・『岩手日報』(マイクロフィルム)
 ⇒明治37年10月26日p.2「日鉄列車時間改正」
  明治37年11月3日 p.3「改正後の汽車時間表 当分当駅発旅客列車の時間割左の如し」
  明治38年10月27日p.3「汽車発着時間改正」(*凱旋運行ダイヤへの改正にあたると思われる。以後、明治36年7月改正時刻での掲載は確認できず。)
  明治39年4月10日p.2「日鉄の時間改正」」(*平時ダイヤへの移行を機とした、4月16日からの時刻改正予告。上野-青森間1日3往復となる)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686)
参考資料
(Reference materials)
全国鉄道と時刻表 2 (東北・奥羽). 新人物往来社, 1986. (汽車旅行歴史シリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001794888-00 , ISBN 440401354X (当館請求記号:686.21/ゼン/2)
三宅俊彦 著 , 三宅, 俊彦, 1940-. 東北・常磐線120年の歩み. グランプリ出版, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007489511-00 , ISBN 4876872554 (当館請求記号:686.212/ミヤ)
西庫太 編 , 西, 庫太. 旅のつれづれ 第1号. 精美社, 1904.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000424576-00  (当館請求記号:291.09/セ1/1)
三宅 俊彦 編著 , 三宅‖俊彦. 明治大正鉄道省列車時刻表 解説 復刻版. 新人物往来社, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036612728-00  (当館請求記号:686.55/メイ)
岩手日報社. 岩手日報. 国立国会図書館.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000058580-00  (マイクロフィルム)
岩手毎日新聞.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000003-I000001920-00  (マイクロフィルム)
キーワード
(Keywords)
東北本線
花巻駅
日本鉄道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000255211解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!