このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254207
提供館
(Library)
八王子市中央図書館 (2310074)管理番号
(Control number)
HC-1901802
事例作成日
(Creation date)
2019/01/01登録日時
(Registration date)
2019年03月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年04月09日 16時04分
質問
(Question)
江戸時代に多摩川で獲れた鮎を江戸に運んだことについて、また、歌われていた「あゆかつぎうた」について知りたい。
回答
(Answer)
江戸時代、「幕府への鮎運上の呼称は「御用鮎」、「後菜鮎」、「献上鮎」、「上納鮎」、「上ヶ鮎」などがあり、当初多摩川沿いの数ヶ村が行っていた鮎上納は、時代が下るとともに増えて、川沿いの村々で競って行うようになる」と『多摩のあゆみ 第110号 特集“鮎”』(2003年 たましん地域文化財団)p.13に多摩川鮎についての記述があります。『八王子市北部地域 加住の民俗』(2015年 八王子市総合政策部市史編さん室)p.395に幕府献上鮎についての記載があります。また、鮎は多摩川から甲州街道で運んだということが『多摩歴史街道』(1992年 建設省関東建設局)p.47の上納鮎についての記述の中に記載されています。
また、「あゆかつぎうた(鮎担ぎ歌)」については、『八王子市北部地域 加住の民俗』(2015年 八王子市総合政策部市史編さん室)p.365にどういった時に歌われていたか、歌詞等が掲載されています。同様に『日本民謡大事典』(1983年 雄山閣)にも掲載されています。
歌詞は、「多摩川飛んで出てョー新宿にナー入りゃョー四谷のナー蔦屋ョー一息だョー 鮎は瀬に住む鳥は木に止まる 人は情けの下に住む(『日本民謡大観』関東篇より)
歌については『多摩・ふるさとの唄』(1971年 武蔵書房)p.139にも掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 10版)
参考資料
(Reference materials)
B11153636 日本民謡大事典 浅野建二/編 雄山閣 1983.6 388.91 4-639-00240-8
B11679923 多摩歴史街道 相武国道25周年記年誌編集委員 建設省関東地方建設局 1992.3 68
B11946988 多摩のあゆみ 第110号 たましん歴史・美術館/編 たましん地域文化財団 2003.5 25
B12558424 八王子市北部地域 加住の民俗 八王子市市史編集専門部会民俗部会/編 八王子市総合政策部市史編さん室 2015.3 38
B11478871 多摩・ふるさとの唄 原田重久/著 武蔵書房 1971 388.91365
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000254207解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!