このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000224412
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2017-11-002
事例作成日
(Creation date)
2017/11/7登録日時
(Registration date)
2017年11月08日 17時04分更新日時
(Last update)
2018年11月30日 12時52分
質問
(Question)
空港などで働いている麻薬探知犬は、麻薬中毒になったりしませんか。
回答
(Answer)
(1)当館所蔵から以下の記述を紹介。

【資料1】『犬と麻薬のはなし』(さろん・かすたむ 2005)
p11「ところで犬はどうして麻薬を発見するようになるのでしょうか。麻薬探知犬は麻薬中毒にかかっているから麻薬を見つけるのだという人がいますが、そのようなことは絶対にありません。犬は獲物を見つけようとする本能を持っています。その「獲得欲」という本能をうまく利用するのです。」


(2)以下のインターネット情報を紹介

大阪税関HP 
  http://www.customs.go.jp/osaka/ (最終確認2018/11/30)
 ホーム>水際での取締>麻薬探知犬
  麻薬探知犬Q&A  
  「麻薬中毒になりませんか?」  
  「麻薬の匂いは覚えますが、麻薬中毒にはなりません。」

税関キッズ Kids 〔大阪税関〕 
  http://www.customs.go.jp/osaka/kids/dog/index05.html (最終確認2018/11/30)
 麻薬探知犬って?>麻薬中毒にはならないんですか?
 麻薬探知犬は、ハンドラーと遊びたいために遊び道具のダミー(=麻薬の匂い)を探すだけなので、麻薬そのものには興味はなく、なめたりはしないので中毒にはなりません。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貿易  (678 8版)
参考資料
(Reference materials)
さろん・かすたむ/編 , さろん・かすたむ. 犬と麻薬のはなし : 麻薬探知犬の活躍. さろん・かすたむ, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004740265-00  (p11 当館請求記号 J678.1/サ05)
キーワード
(Keywords)
麻薬
税関
取締
密輸入
水際
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生 図書館
登録番号
(Registration number)
1000224412解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!