このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000196088
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C160715184644
事例作成日
(Creation date)
2016/7/27登録日時
(Registration date)
2016年08月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年08月18日 17時12分
質問
(Question)
第一次・第二次世界大戦前後に、日本からオーストラリア方面(オーストラリア、ニュージーランド、フィジー等)へ牛が輸出又は移出された記録はないか。
回答
(Answer)
貿易又は移出に関する統計が含まれる資料1から資料14の下記の年代を確認しましたが、オーストラリア、ニュージーランド及びフィジーに牛が輸出又は移出された、と断言するに至る記述は見当たりませんでした。
なお、資料1から資料14の中には、「牛」ではないものの、輸出品目に「その他の動物及び植物」という項目がある資料が多数あります。また、資料1及び資料2の一部には、南洋委任統治区域への移出が言及されているものがあります。参考までに御紹介します。
【】 内は当館請求記号です。また、インターネットの最終アクセス日は2016年7月22日です。末尾に*が付された資料は、国立国会図書館デジタルコレクションに収録されており、インターネット上で公開しています。末尾に**が付された資料は、国立国会図書館デジタルコレクションに収録されており、国立国会図書館及び図書館送信参加館内で公開しています。

資料1 農林省畜産局 編『本邦畜産要覧. 第1-7次』農林省畜産局, 大正6-14【14.2ロー93イ】*
資料2 農林省畜産局 [編]『本邦畜産要覧. 第8-18次』中央畜産会, 昭和3-14【14.2ロー93イ】*
「家畜及畜産物輸出額累年比較」という表があり、「第7次」(大正14年発行)及び「第18次」(昭和14年発行)を確認したところ、ともに「牛」の項目があります(第7次はp.210、第18次はp.93)が、輸出先については記述されていません。
また、一部の年代には「家畜及畜産物移出額累年比較」の各表の1つに「内地ヨリ南洋委任統治區域へ」という表があります。「第18次」(昭和14年発行)ではp.100に記載されており、昭和8年から昭和12年の「牛」の項目に10~20頭程度の値が記載されています。オーストラリア、ニュージーランド、 フィジーは当時の南洋委任統治区域には含まれませんが、参考までにお伝えいたします。

資料3 大蔵省 編『大日本外国貿易年表. 大正元,2年,3-9(各上,下篇),10年 上篇,13年 上篇』大蔵省, 大正2-15 【14.4-220】*
資料4 大蔵省 編『大日本外国貿易年表. 大正14至昭和3年(各上,下篇)』大蔵省, 昭和2-6 【14.4-220】*
資料5 大蔵省 編『日本外国貿易年表. 昭和4-9年(各上,中,下篇)』大蔵省, 昭和6-10 【14.4-220】*
資料6 大蔵省 編『日本外国貿易年表. 昭和10至13年』大蔵省, 昭11至15【14.4-220】*
資料7 『日本貿易年表. 昭和8-39年』大蔵省関税局, 1934-[1965] 【678.91-O635n】*(昭和18年版以降は**)
『大日本外国貿易年表』のうち、大正3年版及び大正15年-昭和元年版を確認したところ、上巻の「輸出品表」において、「牛」の項目は見当たりませんでした。 また、下巻の「各国別輸出入品表」の「濠太剌利輸出」及び「其他諸国輸出」には「牛」の項目は確認できませんでした。また、大正15年-昭和元年版の「各国別輸出入品表」の「新西蘭」でも、「牛」の項目は見当たりませんでした。
『日本外国貿易年表』のうち、昭和13年版を確認したところ、上巻の輸 出品表に「牛」の項目がありました(p.6)が、相手先として「滿州國」、「關東州」、「中華民國」以外の記載はありませんでした。また、中巻の「國別輸出入品表」の「濠太剌利輸出」、「新西蘭輸出」、「フィジー輸出」、「其ノ他ノ大洋國輸出」において、「牛」の項目は見当たりませんでした。

資料8 大蔵省 編『日本外国貿易四半期表. 昭和13年第1四半期至昭和14年第4四半期』大蔵財務協会, 昭13至15 【14.8-238】*
昭和14年第4四半期を確認したところ、上巻の「輸出品表」及び下巻の「國別輸出入品表」の「濠太剌利輸出」、「新西蘭輸出」、「フィジー輸出」、「其ノ他ノ大洋國輸出」において、「牛」の項目は見当たりませんでした。

資料9 内務省土木局 編『大日本帝国港湾統計. 明治42-44,45・大正元,2-13年』内務省土木局港湾課, 大正2序-15 【14.4-348】*
資料10 内務省土木局 編『大日本帝国港湾統計. 大正14至昭和8年』内務省土木局港湾課, 昭和2-10 【14.4-348】*
資料11 内務省土木局 編『大日本帝国港湾統計. 昭和9-11,13年』港湾協会, 昭11至15 【14.4-348】*
資料12 内務省土木局 編『大日本帝国港湾統計要覧. 昭和10,12-13年』内務省土木局, [昭和12]-15 【14.4-993】*
資料13 内務省国土局港湾課 編『大日本帝国港湾統計. 昭和14-16年』内務省国土局港湾課, 昭和16-17 【14.4-348】*
大正3年版の「輸出入重要品」の輸出の箇所を確認しましたが、「牛」の項目は見当たりませんでした。また、昭和14年版の「輸移出入重要品及其國別又ハ港別」の輸移出の項目を確認したところ、那覇(p.544)など、複数の港で「牛」の項目が確認できましたが、輸移出先はオーストラリア、ニュージーランド、フィジー以外もしくは「其他諸港」となっており、オーストラリア、ニュージーランド、フィジーに輸移出した、と断言するに至る記述は見当たりませんでした。

資料14 内閣統計局 編『日本帝国統計年鑑. 第1-59回』東京統計協会, 1882-1941 【351-N6892-N】(第31回~第59回は*)
第31回(大正元年発行)、第45回(大正15年発行)、第59回(昭和16年発行)の輸出に関する箇所をそれぞれ確認しましたが、「牛」という項目は見当たりませんでした。

(その他調査済み資料及びデータベース)
・商工省商務局貿易課 編『一九二六-二七年度ノ濠洲外国貿易概況』商工省商務局貿易課, 昭和3【579-147】*
・『海外拓殖事業調査資料. 第39輯 濠洲委任統治領ニューギニア事情』拓務省拓務局, 昭和13 【14.5-291】*
・飯本信之, 佐藤弘 編『南洋地理大系』第8(濠州、ニュージーランド、太平洋諸島) ダイヤモンド社, 1942 【292.308-I177n】**
・NDL-OPAC( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・国立国会図書館サーチ( http://iss.ndl.go.jp/
・CiNii Books( http://ci.nii.ac.jp/books/
・CiNii Articles( http://ci.nii.ac.jp/
・国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/
・J-stage( https://www.jstage.jst.go.jp/
・国立公文書館デジタルアーカイブ( https://www.digital.archives.go.jp/
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貿易  (678 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
牛、輸出、オーストラリア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000196088解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!