このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2011-089
事例作成日
(Creation date)
2011年08月06日登録日時
(Registration date)
2012年01月30日 17時15分更新日時
(Last update)
2012年06月05日 09時55分
質問
(Question)
アメリカの先物取引の中で、米はどれくらいの比重を占めているか。
回答
(Answer)
アメリカの先物取引で、具体的な米の占める比重の記述は見つからなかった。参考に下記の資料を紹介した。
『変貌する商品先物取引』(東洋経済新報社 1995) 
p36 アメリカ最大の先物取引所である「シカゴ・ポート・オブ・トレード」(CBOT)の項の下記の記述を紹介した。
「もともと穀物の取引所としてスタートし、今もなお世界の穀物価格を決定する影響力をもつ。とうもろこし、大豆、小麦、大豆油が活発に商いされている。 現在、CBOTの農産物の取引高は全体の2割に過ぎず、国債先物中心の市場になっている。」
『TPP問題と日本農業』(農林統計協会 2011)
「シカゴ・ポート・オブ・トレード」(CBOT)の項があり、「アメリカ最大そして世界最大の先物取引所である。もともと穀物の取引所としてスタートし、今もなお世界の穀物価格を決定する影響力をもつ。とうもろこし、大豆、小麦、大豆油が活発に商いされている。現在、CBOTの農産物の取引高は全体の2割に過ぎず、国債先物中心の市場になっている。」
と記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
NDC分類〈611〉と〈676〉の資料を調査する。
『変貌する商品先物取引』(東洋経済新報社 1995)に関連する内容の記述あり。

《Google》を〈アメリカ & 農家 & 先物取引〉で検索する。
「アメリカ2008年農業法」(『のびゆく農業 979』 農政調査委員会 2009.3)がヒットし、内容を確認するが、「13先物取引」の章は略したと記載あり。
 
(調査済み資料)
『コメの国際市場』
『米國の穀物取引と穀倉』
『国内農産物の先物取引』
『先物世界の構図』
『米国商品先物市場の研究』
『国際金融先物市場の仕掛人』
『講座 今日の食料・農業市場 1 グローバリゼーションと国際農業市場』(筑摩書房 2001)
『TPP問題と日本農業』(農林統計協会 2011)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
取引所  (676 9版)
参考資料
(Reference materials)
『変貌する商品先物取引』(東洋経済新報社 1995) 
キーワード
(Keywords)
穀物取引-アメリカ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000100720解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!