このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18092013090497
事例作成日
(Creation date)
2018/08/16登録日時
(Registration date)
2019年03月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時30分
質問
(Question)
子ども向けに金魚のオスとメスの見分け方の紹介がされている本はないか。
回答
(Answer)
①『さかなクンの金魚の飼い方入門』では、金魚のオスとメスの見分け方について「うまれてから1~2年の間は外見から性別を見分けることは難しいんだ。3年以上たつとオスのえらやむなびれのところにブツブツした白い点があらわれるよ。これは「追い星」といって、繁殖の準備ができた合図なんだ」と説明されている。また他の見分け方として、金魚の肛門を見ると性別が分かると紹介されている。「オスは小さくてたてながをしていて、メスはたまごを産むために丸く、もりあがっている」という記載がある。
②『金魚』では、オスとメスを見分けるポイントが3つ紹介されている。まず、繁殖期にオイボシが出るのがオスで、メスには出ないという点。2つ目は、「体が同じくらいの大きさなら、うんちが太いのはメス、細いのはオスのことが多い」という点。3つ目は、「金魚を上から見ると、おなかがふっくらなのはメス、すっきりなのはオスのことが多い」という点。
③『コツがまるわかり!生き物の飼いかた 5』では、「キンギョのオスとメスは、肛門の形で見わけます。ただし、体が小さいうちはほとんど見わけがつきません。調べるにはキンギョにさわらなくてはいけないので、自分で確認するのはやめて、お店の人などにまかせましょう」と説明があり、イラストで分かりやすく違いが紹介されている。
④『キンギョ』では、オスとメスの見分け方について、「尾びれや、おなかを見ればわかります。おすは、尾びれが長く、めすは、尾びれがみじかく、おなかが大きくふくらんでいます」と説明されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
水産増殖.養殖業  (666 9版)
参考資料
(Reference materials)
①さかなクン『さかなクンの金魚の飼い方入門』 あおば出版,2006,47p. 参照はp.44.
②岡本信明『金魚』 集英社,2007,39p. 参照はp.36.
③『コツがまるわかり!生き物の飼いかた 5』 ポプラ社,2014,55p. 参照はp.37.
④七尾純『キンギョ』 国土社,1998,39p. 参照はp.20.
キーワード
(Keywords)
金魚
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018092013002290497
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000253385解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!