このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139529
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2005-02-002
事例作成日
(Creation date)
2005年02月18日登録日時
(Registration date)
2013年10月25日 18時51分更新日時
(Last update)
2014年02月22日 14時44分
質問
(Question)
島根県の製材業において、丸鋸から帯鋸への移行期はいつか
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下の資料を紹介
資料1:昭和34年の調査。p4「生産」に項で、工場・貯木場へ運ばれた木材は「台車」「テーブル」「丸鋸」「横切用丸鋸」に分けられ製品化される、とあり。(なお、昭和31年の島根県下の事業者数421に対し、益田市の事業者数は31で、割合は7.36%)
資料2:p171「機械設備と労働力」に、昭和42年時点の「自動送材車つき帯鋸」の所有率(工場)を66.1%としている。また、「円鋸から帯鋸に、更に帯鋸は手押送材車つきから自動送材車つきに技術進歩してきた」とあり、全国的所有率(60%)よりも石見部は高い所有率であるとしている。
また、出雲・隠岐部については、p200に記述がある。自動送材車つき帯鋸は、出雲部では所有率が70%、隠岐では35%としており、石見地区の90%以上の割合に比べれば低い水準としている。
以上より、石見部では昭和30年代に丸鋸から帯鋸へ移行し、昭和40年代には多くが帯鋸を導入していたと思われる、と回答。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
林産製造  (658 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】「益田地区製材業」実態調査結果報告書. 島根労働基準局, 1959.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000572434-00  (当館請求記号 貴096.5/163 ※貸出禁止資料)
【資料2】日本工業立地センター/編. 島根県製材工業構造改善基本調査報告書. 日本工業立地センター, 1972.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000494670-00  (当館請求記号 096.5/62 ※貸出禁止資料)
キーワード
(Keywords)
島根県
林業
製材
機械設備
帯鋸
丸鋸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000139529解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!