このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096540
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2010-10-005
事例作成日
(Creation date)
2010年10月17日登録日時
(Registration date)
2011年11月15日 14時36分更新日時
(Last update)
2012年03月14日 11時29分
質問
(Question)
木炭統制が昭和25年に解除されているが、戦後それまでの間(昭和20~24年)はどうなっていたのか知りたい。また、炭やきの手順も知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より調査した結果、記述のあった次の資料を紹介。木炭統制の当時の解説が多くあったことから【資料1】、炭やきについては【資料4・5】を貸出。

(昭和20~24年の木炭統制について)
資料1:第Ⅶ章に収録されている 手束平三郎/著「特用林産・薪炭行政-その2 薪炭行政」の中、p577~582「薪炭統制期 昭和20~25(1945~1950)年」の項があり、その後の「生産奨励期 昭和26~48(1951~1973)年」と分けて解説がある。
資料2:第五章「薪炭の統制と流通構造の変貌」があるが、戦時中の記述が多い。
(炭やきの手順について)
資料4:縦型ドラム缶窯などの窯のつくり方、炭のやき方を解説。
資料5:第五章「炭窯を作る」、第六章「炭焼きまで」、第七章「炭焼き」等の章がある。

<2012/3/10追記>
(昭和20~24年の木炭統制について)
資料3:当時の解説と、薪炭統制の概要が年次順に記述してある。
(炭やきの手順について)
資料6:オイル缶窯での炭の焼き方などを解説。
回答プロセス
(Answering process)
(1)木炭史のような資料に記述があるのではと、『日本木炭史 経済編』(全国燃料会館,1960)にあたるが、資料は多いが解説がほとんどない。

(2)視点を変えて、林業史、林政史に関連する資料に直接あたる。

(3)658.2(木炭、炭焼き)の書架に直接あたり、内容を調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林史.林業史.事情  (652 8版)
林業経済.行政.経営  (651 8版)
林産製造  (658 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『戦後林政史』 大日本山林会,2000.11 (p577~591「特用林産・薪炭行政―その2 薪炭行政」 書庫651.2/セ00/
)
【資料2】 『日本林業発達史 農業恐慌・戦時統制期の過程』 大日本山林会『日本林業発達史』編纂委員会/編纂,
 大日本山林会,1983 (書庫652.1/ニ83/ )
【資料3】 『農林行政史 第8巻』 農林省大臣官房総務課/編,農林省大臣官房総務課,1972 (p458~471「薪炭統制の推移」 書庫611/386/8)
【資料4】 『炭やき教本 簡単窯から本格窯まで』 杉浦 銀治/監修 広若 剛/監修,創森社,1998.12 (658.2/オ98/)
【資料5】 『炭焼技法随聞記 改訂版』 伊藤 孝博/著, 連合出版,1994.9 (書庫658.2/イ94/
)
【資料6】 『すぐにできるオイル缶炭やき術』 溝口 秀士/著,創森社,2001.12 (658.2/ミ01/ )
キーワード
(Keywords)
木炭統制
薪炭統制
薪炭行政
炭焼き(炭やき)
林業
林政
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000096540解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!