このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030811
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-0754
事例作成日
(Creation date)
2006年08月11日登録日時
(Registration date)
2006年09月28日 10時38分更新日時
(Last update)
2006年09月28日 10時38分
質問
(Question)
昭和19~20年代の木炭1俵の取引価格が知りたい。当時は統制価格だったと思うが、できれば岐阜県での価格を。
回答
(Answer)
1  『日本木炭史』(全国燃料会館,1960)p.1164~に「木炭の販売価格の統制額推移表」があり、昭和14年から昭和25年までの、東京都および岐阜県における「黒炭雑に近似のもの」の1俵あたりの価格が記されている。
 本表によると、木炭の価格は、昭和19年に2回、昭和20年に4回など、幾度にもわたり価格の改正が行われており、また生産者価格、政府売渡価格、消費者価格があるなど複雑だったため、利用者に直接資料をあたっていただくよう案内した。
 なお、例としては昭和19年2月18日農商省告示115号の価格(岐阜県下)を紹介。

生産者価格2.30円
政府売渡価格2.40円
消費者価格2.50円

2  また、木炭には上記の「黒炭雑」のほか、いくつかの規格がある。昭和19-20年代の期間すべてについて、各規格の岐阜県下の価格を確認できる資料は見つからなかったが、『岐阜県史 通史編 現代』(岐阜県,1973)p.345には「昭和23年6月政府販売価格は、白炭雑15キログラム俵一区181円、二区169円、黒炭雑一区155円、二区143円であった。」との記述がある。

3  『日本統計年鑑 第1回(1949)』(日本統計協会発行,1949)p.663には、昭和20年1月から22年12月までの、「白炭堅」の東京における小売価格が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
林産製造  (658 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本木炭史』(全国燃料会館,1960 6書庫:658.2/ゼ)
『岐阜県史 通史編 現代』(岐阜県,1973 郷土:201/ギケ/9)
『日本統計年鑑 昭和24年』(日本統計協会発行,1949 6書庫:351/ソ/1)
キーワード
(Keywords)
木炭
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000030811解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!