このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195347
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16041515479726
事例作成日
(Creation date)
2016/5/29登録日時
(Registration date)
2016年07月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月15日 00時30分
質問
(Question)
おにぎりを竹皮に包む際の竹皮の処理について知りたい。
回答
(Answer)
「竹」や「包み」、「おにぎり」の本を調査したところ、以下の資料①、②、③に竹皮の処理や竹皮の特徴が記載されていた。

①『包みの文化』には、竹皮の処理について「濡れたふきんで竹の皮をしごいて柔らかく伸ばし、それにおにぎりをのせて、(中略)竹の皮の一部を裂いてこれで縛る。」と記載されている。

②『タケの絵本』には、「モウソウチクの皮は、かたくて短い褐色の毛が生えているよ。だから、ふつうは食べ物を包んだりするためには、うすくて、つるつるして毛のないマダケやハチクの皮が使われてきた」と竹皮の特徴が紹介されている。

③データベース「ルーラル図書館」で「おにぎり 竹皮」をキーワードに検索を行うと、『食農教育2009年1月号』がヒットした。「竹皮おにぎりの包み方」というコラムには、「包装材に向いているのはマダケ。薄く毛のない皮が特徴」と記載されている。また、竹皮の処理について、「竹の皮は乾燥させて保存しておけば、劣化すことはない。使うときは水洗いをして、ふきんでふくとすぐ柔らかくなる。」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林立地.造林  (653 9版)
参考資料
(Reference materials)
額田巌『包みの文化』 東洋経済新報社,1985,204p. 参照はp.55.
うちむら えつぞう『タケの絵本』 農山漁村文化協会,2006,36p. 参照はp.21.
手塚恒人「竹の皮で包んだおにぎりはなぜうまいか?」『食農教育』,2009年1月号,p.55.
キーワード
(Keywords)
竹皮
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016041515444879726
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000195347解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!