このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M19052209507941
事例作成日
(Creation date)
2019/06/27登録日時
(Registration date)
2019年12月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時30分
質問
(Question)
マヌカハニーについて調べたい。特徴や成分が記述されている本を紹介してほしい。
回答
(Answer)
全項目「マヌカハニー はちみつ」で検索すると5冊ヒットした。

①『マヌカハニーの秘密』のp39に「その他に、マヌカハニーは、他のハチミツには含まれない独特の成分があります。その特殊な成分はこれまで、ユニーク・マヌカ・ファクター(Unique Manuka Factor:以下、「UMF」)、つまり「マヌカの独特な成分」と呼ばれてきました。最近、この成分が食物メチルグリオキサール(Methyl glyoxal:以下「MGO」)だと判明しました。MGOの他にもマヌカハニーにはシリング酸メチル(Methyl syringate)という特殊な成分が含まれることも明らかになっています。」と記述がある。
MGO(UMF)の詳細や、MGOマヌカハニーレベル表示対比表も載っている。
また、p44には「マヌカハニーの薬効」、p54には「食品としてのマヌカハニー」の項目があり、それぞれ解説がある。

②『スーパーはちみつマヌカハニー使いこなしBOOK』のp16に「マヌカハニーの特長は、その強力な抗菌作用、抗炎症作用です。医療の現場で、やけどの治療などにも使われた歴史があります。いま注目されているのは、風邪やインフルエンザの予防や改善、のどのケア、整腸作用など。甘くおいしく、糖質の高い食べ物でありながら、虫歯や歯周病の予防にもなるといわれています。」、「マヌカハニーに期待される効能の中でも、特に注目を集めたのがピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の除菌です。」とあり、p56から詳しい解説がある。

③『ニュージーランドの神秘のハチミツ マヌカ・ストーリー』には、マヌカハニーの研究をたどりながら、その特有の抗菌成分についての記述がみられる。p51に「ほかのハチミツにはない、マヌカハニーだけに備わる特別な抗菌性は、マヌカの花蜜だけに含まれる成分に由来しています。そして、この花蜜からミツバチがマヌカハニーをつくる過程で、特別な抗菌物質があらたに生成されて、マヌカハニーに備わる強力な殺菌力が生まれます。」と記述がある。p98からは賞味期限や摂取量の目安など、疑問と回答を集めたQ&Aも収録がある。

④『オーラルケアで手に入れる美と健康』のp34に「マヌカハニーは、虫歯の原因になる「ミュータンス菌」、歯周病の原因になる「ギンギバリス菌」に有効で、炎症を抑える効果もありますので、ブラッシングの際に使う歯磨き剤も、マヌカハニー配合のものがお勧めです。」と、マヌカハニーの抗菌効果を活用したオーラルケア(歯磨きや口臭予防)の記述がある。

⑤『未来の科学者との対話 14』は、「マヌカハニー(抗菌生蜂蜜)の抗菌効果のすごさ」という論文で、マヌカハニーが腸内フローラの悪玉菌を減らすことを検証している。「また昨年は、ニュージーランド産のマヌカハニー(抗菌生蜂蜜)の抗菌効果を研究し、食中毒原因菌に対し高い抗菌力を認めた。」とあることから、『未来の科学者との対話 13』に収録のある「天然食品「マヌカハニー」の絶大な抗菌効果」の論文も参考にした。マヌカハニーの性質や抗菌効果を測定し、MGO含有値と対比して検証している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家禽  (646 9版)
参考資料
(Reference materials)
①城文子『マヌカハニーの秘密』 アイシーメディックス,2012,88p. 参照はp.39-56.
②佐々木薫『スーパーはちみつマヌカハニー使いこなしBOOK』 主婦の友社,2017,79p. 参照はp.15-17,p.56-59.
③峯下麻利『ニュージーランドの神秘のハチミツ マヌカ・ストーリー』 アールズ出版,2018,111p. 参照はp.51,98-107.
④藤巻弘太郎・八木麻由美『オーラルケアで手に入れる美と健康』 アイシーメディックス,2013,96p. 参照はp.34.
⑤神奈川大学広報委員会全国高校生理科・科学論文大賞専門委員会『未来の科学者との対話 14』 日刊工業新聞社,2016,297p. 参照はp.138-144.
⑥神奈川大学広報委員会全国高校生理科・科学論文大賞専門委員会『未来の科学者との対話 13』 日刊工業新聞社,2015,269p. 参照はp.42-57.
キーワード
(Keywords)
マヌカハニー
蜂蜜
健康法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2019052209513907941
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000270293解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!