このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000207180
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-001072
事例作成日
(Creation date)
2016年12月24日登録日時
(Registration date)
2017年01月23日 16時57分更新日時
(Last update)
2017年02月09日 17時07分
質問
(Question)
動物にとって害のある植物と、その症状を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

・『人もペットも気をつけたい園芸有毒植物図鑑』土橋豊/著 淡交社 2015年
第5章 ペット(イヌ・ネコ)で問題となる園芸植物
症状についても書かれている。

・『毒のある美しい植物』フレデリック・ギラム/著 創元社 2012年
付録Ⅱ 動物と有毒植物との関係
猫、犬、馬、羊、牛と思われる動物のシルエットがあり、それぞれについて「多少なりとも有害な植物」「個体によっては有害となる植物」が表になっている。症状は書かれていない。

・『牧草・毒草・雑草図鑑』清水矩宏/編・著 宮崎茂/編・著 森田弘彦/編・著 廣田伸七/編・著 畜産技術協会 2005年
個別の項目を見ると、家畜への被害等について記載があるものもある。

・『家畜中毒』飯塚三喜/編著 農山漁村文化協会 1988年
第2編 各論 第1章 植物による中毒

・『新畜産ハンドブック』扇元敬司/[ほか]編 講談社 1995年
7.8.2 中毒
 B 有毒植物による中毒
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
畜産業  (640)
植物学  (470)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
類似事例:成田市立図書館 「動物の種類ごとに中毒となる植物とその症状が知りたい。」
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127893
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000207180解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!