このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
高崎市立中央図書館 (2310031)管理番号
(Control number)
0131224721
事例作成日
(Creation date)
2017年02月26日登録日時
(Registration date)
2017年03月16日 08時59分更新日時
(Last update)
2020年10月18日 11時20分
質問
(Question)
昭和初期に高崎市東町にあった製糸工場について知りたい。名称は不明である。写真があればなお良い。
回答
(Answer)
お探しの製糸工場は小口(おぐち)組製糸工場と思われます。
「新編高崎市史 通史編 4巻」によると、信州の岡谷を本拠とする製糸業の小口組が大正13年に東町(赤坂村)の旧龍栄社工場(井上保三郎らが設立した製糸工場)を買収し同組高崎工場として開業したものの、昭和8年に経営破たんに追い込まれたとのことです。また、同工場の位置は現在の東町労使会館付近との記述もありました。


以下、当館所蔵の参考資料になります。

新編高崎市史 通史編4巻 
 信州系製糸の進出と絹糸紡績会社 p.499-502
 “赤坂村(東町)にあった小口組高崎工場”写真 p.501
 
角川日本地名大辞典 10巻
 “赤坂町”の項に「明治12年小口組製糸工場が操業開始」との記述 p.69
 “東町”の項に「小口製糸工場は大正13年長野県から進出」との記述 p88-89

高崎市史 下巻 
 “小口組高崎製糸所 赤坂村”の項に龍栄社を買収、大正13年に事業開始の記述 p.342
回答プロセス
(Answering process)
工場の名称が不明であるため、まずは「新編高崎市史 通史編4巻」の“蚕糸・織物業の発展”の項を確認、小口組高崎工場の記述と写真を発見。
質問者に確認したところ、これであるとのことであった。

以下の資料には記述が見当たらなかった。
群馬県蚕糸業史 上下巻
群馬の生糸
群馬の地場産業
近代群馬の蚕糸業
群馬県史 資料編 23・24巻
新編高崎市史 資料編10巻
製糸業近代化の研究 山本三郎著 群馬県文化事業振興会 1975
 第2章群馬県明治期製糸業の一面 3その他各郡の製糸工場
  (1)高崎と群馬郡
   表Aの3 群馬郡の製糸工場 p.93-99
    高崎の製糸工場多数記載されているが、小口組製糸工場見あたらず。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
蚕糸業史.事情  (632 9版)
参考資料
(Reference materials)
高崎市市史編さん委員会 編 , 高崎市. 新編高崎市史 通史編 4 (近代現代). 高崎市, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007511756-00  (当館資料番号 117143933)
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 10 (群馬県). 角川書店, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001920928-00 , ISBN 4040011007 (当館資料番号 111211280)
高崎市 編纂. 高崎市史 下巻. 高崎市, 1927.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008522977-00  (当館資料番号 111032488)
キーワード
(Keywords)
蚕糸業-高崎市
小口組製糸工場
小口製糸工場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2020.10.18:「製糸業近代化の研究」を回答プロセスに追加。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000211992解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!