このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000884
事例作成日
(Creation date)
2016/12/15登録日時
(Registration date)
2016年12月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月04日 15時41分
質問
(Question)
粟国島に養蚕と真綿製造が伝わった年を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。


『球陽 読み下し編』(球陽研究会 編、角川書店、1978)
p243 「665 三年」の記述がある。 
p244 「671 翁能哲、往きて糸綿及び楮紙を製造するの法を久米・粟国・渡名喜等の島に教ふ。…翌年に至り、亦粟国・渡名喜二島に到り、巡りて地の宜しきを相し、遍く桑を植え蚕を養ひ、以て糸綿を作るの法を教ふ。…粟国・渡名喜島、蚕を養ひて綿を作るは、此れよりして始まる。」の記述がある。
※ 尚益4年 → 1713年


『沖縄県立博物館総合調査報告書 Ⅱ』(沖縄県立博物館 編・刊、1981.3)
p1-10 「渡名喜村略史 名嘉正八郎」の論文で、p5 「1713年…翌年に至り、亦粟国、渡名喜二島に到り、巡りて地の宜しきを相し、遍く桑を植え蚕を養ひ、以て糸綿を作るの法を教ふ…」とあり、このころから渡名喜島は真綿をつくるようになったようである。」の記述がある。
p11-15 「渡名喜島と真綿 渡名喜明」の論文で、p11 「文献によれば、渡名喜島における養蚕の始まりは、今から約270年前西暦1713年のことである。『球陽』(巻9尚益王3年)…」の記述がある。


『沖縄県歴史の道調査報告書 (9)』(沖縄県教育庁文化課 編、沖縄県教育委員会、1992.3)
p36 「たとえば、『球陽』によれば、一七一三年「…翌年に至り、亦粟国・渡名喜二島に到り…」とか…」の記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
蚕糸業史.事情  (632 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 球陽 読み下し編 球陽研究会∥編 角川書店 1978 K201/KY9 p243-244
2 沖縄県立博物館総合調査報告書 Ⅱ -渡名喜島- 沖縄県立博物館∥編 沖縄県立博物館 1981.3 K06/O52/2 p1-15
3 沖縄県歴史の道調査報告書 (9) 沖縄県教育庁文化課∥編 沖縄県教育委員会 1992.3 K68/O52/9 p36
キーワード
(Keywords)
養蚕
真綿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000203437解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!