このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-071
事例作成日
(Creation date)
2012年04月13日登録日時
(Registration date)
2012年07月02日 13時59分更新日時
(Last update)
2012年10月02日 14時38分
質問
(Question)
「宮中御養蚕」に関する次のものを見たい。
(1)明治4年に始めた「宮中ご養蚕事始」に関する資料
(2)宮中御養蚕の奉仕者だった島村の4人の蚕婦の往復の経路(参考になる地図も)
往路は利根の舟運を利用。復路は中山道を徒歩と人力車を利用。(宮中ご養蚕事始に出ていたとのこと)
(3)島村出身の「田島武平」に関する資料と武平氏の写真。(タジマ ヤヘイではない)
(4)田島氏と4人の蚕婦が宮中からいただいた品(三つ重ねの杯、タバコ入れ、タモト落し)の写真。
回答
(Answer)
(1)明治4年に始めた「宮中御養蚕事始」に関する資料として下記のものを紹介した。
(2)島村の4人の蚕婦の名前はわかったが、往復の経路が明記された資料は見つからなかった。参考資料を紹介した。
(3)田島武平に関する記述と写真のある資料が見つかった。
(4)恩賜の品物の写真は見つからなかった。参考になると思われる資料を紹介した。

紹介した資料(番号が同じものは同一の資料)
(1)「宮中ご養蚕事始」について
①『日本蚕糸業史 1 総論・宮中御養蚕史・生糸貿易史』(大日本蚕糸会編 大日本蚕糸会 1935)
〈総論〉の別稿「宮中御養蚕史」に関連情報あり。p4-15〈明治4年(辛未)の宮中御養蚕〉の項あり。経緯・概要について記載あり。
②『渋沢栄一伝記資料 3』(渋沢青淵記念財団竜門社編 渋沢栄一伝記資料刊行会 1955)
p95-107 明治4年2月の項に「宮中御養蚕ノ濫觴」に関する記述および以下の記事あり。
p95-97 渋沢家所蔵「出がら繭の記」(昭和4年11月)に概要の記述あり。
p99-102『竜門雑誌 第497号』引用「宮中御養蚕の濫觴に就て(渋沢治太郎謹話)」に当時の概略あり。
p102-107『日本蚕糸業史 1 宮中御養蚕史」引用あり。前述資料①と同一内容。
③『渋沢翁は語る 其生立ち』(岡田純夫編 斯文書院 1932)p286-288「宮中の御養蚕」の節あり。
「田島武兵衛(ママ)」の名は出てくるが、その他の記述なし。 

(2)島村の4人の蚕婦の往復の経路
①『日本蚕糸業史 1 総論・宮中御養蚕史・生糸貿易史』
p4-15〈明治4年(辛未)の宮中御養蚕〉の項あり。経緯・概要について記載あり。
奉仕者として選定された四人の夫人の名(田島太平妻た加48歳、田島伊三郎娘まつ17歳、栗原茂平娘ふさ20歳、飯島元十郎妻その28歳)や活動は記されているが、往復時の経路に関する記載はなし。
②『渋沢栄一伝記資料 3』
p95-107 明治4年2月の項に「宮中御養蚕ノ濫觴」に関する記述および以下の記事あり。
p102-107『日本蚕糸業史 1 宮中御養蚕史」引用あり。前述資料①と同一内容。
⑫『利根川の水運(歴史の道調査報告書 10)』(埼玉県立さきたま資料館編 埼玉県教育委員会 1989)
p7利根川水系の工事の年代と図「利根川の流路の変遷」あり。
p36図「利根川とその水系の河岸場分布図」あり。
⑬『中山道(歴史の道調査報告書 5)』(埼玉県立博物館編 埼玉県教育委員会 1986)
埼玉県内の経路はわかる。
⑭『宮中養蚕日記』(田島民著 高良留美子編 ドメス出版 2009)
質問の御養蚕の翌年明治5年の宮中御養蚕に奉仕した田島民の日記。年代が近いので、経路は参考になると思われる。
p15-23明治5年3月14日~17日 村を出立してから箱崎に到着するまで、船で下る様子が描かれている。
p113-115明治5年5月25日~27日 小柳町を出立してから島村までの経路が描かれている

(3)田島武平に関する記述と写真のある資料
①『日本蚕糸業史 1 総論・宮中御養蚕史・生糸貿易史』
p4-15〈明治4年(辛未)の宮中御養蚕〉の項あり。経緯・概要について記載あり。
田島武平についての記述と肖像写真あり。
②『渋沢栄一伝記資料 3』
p95-107 明治4年2月の項に「宮中御養蚕ノ濫觴」に関する記述および以下の記事あり。
p97-98 題額「田島武平君墓標」(大正元年11月)の内容記述あり。田島武平について、経歴詳細あり。
p98-99『雨夜譚会談話筆記 上』引用に、田島武平について「田島は群馬県の人で、渋沢喜作の妻「およし」の姉の「おしげ」の夫で、喜作と義兄弟に当る人」とあり。
p102-107『日本蚕糸業史 1 宮中御養蚕史」引用あり。前述資料①と同一内容。
④『めざせ日本の近代化 日本の産業育てた渋沢栄一 特別展』(埼玉県立博物館 2002)
p58-59 渋沢家略系図に「田島武平」(島村(群馬))の名あり。
⑤『徳川慶喜最後の寵臣渋沢栄一 そしてその一族の人びと』(渋沢華子著 国書刊行会 1997)
p194 田島武平の妻しげが渋沢栄一の従姉妹であると記述あり。
⑥『島村蚕種業者の洋行日記(境町史資料集 4(歴史編))』(境町史編さん委員会編集 境町 1988)
写真p18「ミラノで撮影した田島武平の写真」あり。前付 家系図に田島武平の生没年あり。住居図あり。
p161-162「田島武平の洋行旅中見聞日誌(第1・第2)」写真あり。
p166-234「田島武平洋行旅中見聞日誌」あり。
⑦『明治初期の日伊蚕糸交流とイタリアの絹衣裳展』(群馬県立日本絹の里 2001)
p18 1883年の島村における利根川の川形図あり(水運に利用したものと思われる)。
参考文献「利根川と蚕の村」(金子緯一郎 上毛新聞社 1979)(県内公共図所蔵)
p20-21 田島武平が設立した島村勧業会社についての記述あり。
p33 田島武平の肖像写真(ミラノにて)あり。
⑧『境町人物伝』(しの木弘明著 1975)
p141-143「田島武平」の節あり。p142に肖像あり。
宮中のご親蚕についての記述はあるが、蚕婦のルートや賞賜についての記述はなし。
⑨『蚕にみる明治維新 渋沢栄一と養蚕教師』(吉川弘文館 2011) 
島村の養蚕についてp132-167「島村式蚕室の伝播」などに詳しい記述あり
p23「田島弥平・武平と蚕種業」写真なし。
「渋沢栄一と殖産興業」宮中養蚕に関する記述あり、四人の夫人の名前もあるが、往復の経路の記述なし。
⑩『人物・近世産業文化史』(田村栄太郎著 雄山閣出版 1984)
p82-98「養蚕新論を唱え宮中養蚕を指導(田島弥平・田口留兵衛)」の中で、p88-90に宮中養蚕指導について記述あり。
⑪『埼玉県蚕糸業史』(埼玉県蚕糸業協会編 埼玉県蚕糸業協会 1960)
p1361に〈田島武平〉の顔写真と経歴の記述あり。
  
(4)田島氏と4人の蚕婦が宮中からいただいた品の写真
①『日本蚕糸業史 1 総論・宮中御養蚕史・生糸貿易史』
p4-15〈明治4年(辛未)の宮中御養蚕〉の項あり。経緯・概要について記載あり。
「天杯」「煙草入れ」「袂入れ」の3点を御褒美として賜ったという記述はあるが、写真はなし。なお御賞賜の御書付には「三つ重御盃 一組 煙草入 一組 袂入 一」とあり。 p7 写真「明治四年奉仕者」に写っている4人の蚕婦が手に品物を持っている。恩賜品ではないかと思われるが不鮮明。
②『渋沢栄一伝記資料 3』
p95-107 明治4年2月の項に「宮中御養蚕ノ濫觴」に関する記述および以下の記事あり。
p102-107『日本蚕糸業史 1 宮中御養蚕史』の引用あり。前述資料①と同一内容。
回答プロセス
(Answering process)
蚕糸業史に関する資料や島村のある群馬県の歴史に関する資料、中山道・舟運に関する資料を調査した。
宮中と田島武平を取り持ったのが渋沢栄一であったことから、渋沢栄一に関する資料も調査した。

その他調査済み資料は次のとおり
『渋沢栄一と埼玉の近代 創業期の日本煉瓦製造株式会社』(埼玉県立文書館編 埼玉県立文書館 2011)
『埼玉県史研究 15』(埼玉県県民部県史編さん室編 埼玉県 1985)
『埼玉県史研究 17』(埼玉県県民部県史編さん室編 埼玉県 1986)p37-54「荒川舟運の聞き書き」大正の頃の平方(上尾)を中心としたもの
『雨夜譚 岩波文庫』(渋沢栄一述 長幸男校注 岩波書店 1984)
『近代の創造 渋沢栄一の思想と行動』(山本七平著 PHP研究所 1987.3)
『巨いなる企業家・渋沢栄一の全研究 日本株式会社をつくった男 PHP business library』(井上宏生著 PHP研究所 1983.7)
『明治あれこれ 新聞記事から見た近代群馬の明暗 みやま文庫 8』(相葉伸著 みやま文庫 1963)
パンフレット『渋沢史料館のご案内』出版年不明
『群馬県史 通史編 8 近代現代』(群馬県史編さん委員会編 群馬県 1989)p149「なお、島村の婦女子は、四・五・六・十二年の四回にわたり、全国を代表して宮中御養蚕に奉仕しているが、これも渋沢栄一の紹介で、田島武平・同弥平がその指導者として推挙されたためであった。」
『群馬県史 通史編 10 年表・索引』(群馬県史編さん委員会編 群馬県 1992)p287明治4.3. 佐位郡島村の田島弥平、宮中御養蚕の指図役を命じられる。p288明治5.3. 宮内省、島村の栗原茂平ほか12名の蚕婦を宮中の蚕児飼育に命じる。(水沼村新井鼎作ほか11名の工女も命じられる。)
『群馬県史 資料編 23 近代現代』(群馬県史編さん委員会編 群馬県 1985)
『境風土記』(しの木弘明著 境町地方史研究会 1969)p199-「養蚕と蚕種」の章あり。島村勧業会社についての記述はあるが、宮中ご養蚕についての記述はなし。
『近代地方民衆の諸相 民衆の自立と変転―蚕糸業を基盤に』(宮沢邦一郎著 上毛民衆史刊行会 1980)
『内陸の生活と文化』(地方史研究協議会編 雄山閣出版 1986)p279-「蚕種輸出の盛衰と島村勧業会社)の章あるが、宮中ご養蚕についての記述なし。
『渋沢翁は語る 其生立ち』(岡田純夫編 斯文書院 1932)p286-288「宮中の御養蚕」の節あり。「田島武兵衛」の名は出てくるが、その他の記述なし。 
『養蚕を担った女たち』(大森かほる[著] 大森かほる 2010)
『近代養蚕業の発展と組合製糸』(平野綏著 東京大学出版会 1990)巻末索引には関連しそうな項目なし。本の内容は明治中期以降について書かれている。
『北関東地方史研究 生糸と人々のくらし』(富澤一弘著 日本経済評論社 2010)
『日本蚕糸業発達とその基盤 養蚕農家経営』(荒木幹雄著 ミネルヴァ書房 1996)
『群馬の養蚕 (みやま文庫86)』(近藤義雄編 みやま文庫 1983)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
蚕糸業史.事情  (632 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本蚕糸業史 1 総論・宮中御養蚕史・生糸貿易史』(大日本蚕糸会編 大日本蚕糸会 1935)
『渋沢栄一伝記資料 3』(渋沢青淵記念財団竜門社編 渋沢栄一伝記資料刊行会 1955)
『渋沢翁は語る 其生立ち』(岡田純夫編 斯文書院 1932)
『利根川の水運(歴史の道調査報告書 10)』(埼玉県立さきたま資料館編 埼玉県教育委員会 1989)
『中山道(歴史の道調査報告書 5)』(埼玉県立博物館編 埼玉県教育委員会 1986)
『めざせ日本の近代化 日本の産業育てた渋沢栄一 特別展』(埼玉県立博物館 2002)
『徳川慶喜最後の寵臣渋沢栄一 そしてその一族の人びと』(渋沢華子著 国書刊行会 1997)
『島村蚕種業者の洋行日記(境町史資料集 4(歴史編))』(境町史編さん委員会編集 境町 1988)
『明治初期の日伊蚕糸交流とイタリアの絹衣裳展』(群馬県立日本絹の里 2001)
『境町人物伝』(しの木弘明著 1975)
『蚕にみる明治維新 渋沢栄一と養蚕教師』(吉川弘文館 2011)
『人物・近世産業文化史』(田村栄太郎著 雄山閣出版 1984)
『埼玉県蚕糸業史』(埼玉県蚕糸業協会編 埼玉県蚕糸業協会 1960)
『宮中養蚕日記』(田島民著 高良留美子編 ドメス出版 2009)
キーワード
(Keywords)
蚕業-日本-歴史-明治時代
皇室
田島 武平(タジマ ブヘイ)
渋沢 栄一(シブサワ エイイチ)
蚕業-群馬県-歴史-明治時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000108078解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!