このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253661
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001037256
事例作成日
(Creation date)
2019/02/15登録日時
(Registration date)
2019年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「アボカド」が日本に入ってきた時期について書かれた資料を知りたい。
回答
(Answer)
アボカドの日本渡来について、以下のような記述がありました。

・『アボカド 露地でつくれる熱帯果樹の栽培と利用 新特産シリーズ』(米本仁巳/著 農山漁村文化協会 2007.3)
p.1 まえがき
「アボカドは1915(大正4)年にアメリカ農務省より静岡市清水区興津の園芸試験場興津支場に導入されたが、寒波によって枯死してしまった。その後、1937(昭和12)年ころに和歌山県新宮市、(…略)1954(昭和29)年に和歌山市の井上潤二氏が、カリフォルニアから導入した。その樹は現在でも結実している。」

・『健康・機能性食品の基原植物事典 食薬区分(非医):写真で見る形態と食経験』(佐竹元吉/編著 中央法規出版 2016.11)
p.35 アボカドの「食経験」の項目
「日本渡来は明治初年、20世紀後半から需要が急増」

[事例作成日:2019年2月15日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
果樹園芸  (625 10版)
参考資料
(Reference materials)
アボカド 米本/仁巳∥著 農山漁村文化協会 2007.3 (1 まえがき)
健康・機能性食品の基原植物事典 佐竹/元吉‖編著 中央法規出版 2016.11 (35 アボカドの「食経験」)
キーワード
(Keywords)
アボカド(アボカド)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000253661解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!