このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2008-06261-般
事例作成日
(Creation date)
2008年06月26日登録日時
(Registration date)
2019年11月01日 16時16分更新日時
(Last update)
2020年06月13日 11時35分
質問
(Question)
榊がうまく育たないので、栽培法を知りたい。
回答
(Answer)
「榊」はツバキ科の植物「サカキ」のことである。サカキは日陰を好み、日当たりのよい場所に植えつけると次第に弱ってしまう。栽培には株元を乾燥させないことが肝要。
植えつけは3月下旬~7月か9~12月に、移植は3~4月に行う。剪定は3月か6~7月、9月上旬~10月下旬に行い、幼木は同時に施肥を行う。
成長は遅く、樹姿は自然に整うので、特に込み合う部分を間引く程度でよい。切り戻しは必ず枝分かれしている部分で行う。
12~1月に寒肥を施す。虫害にはチャドクガの発生があり、産卵初期にカルホス乳剤で防除する。
回答プロセス
(Answering process)
1.キーワード「さかき」AND「栽培」、「さかき」AND「生育」等で所蔵検索するも、該当する資料にヒットなし。

2.a『世界大百科事典』(平凡社)をみる。
11巻の「サカキ」という項目に、「枝を神事に用いるので、日本では榊と書き、・・・」との記述があり、該当する植物と思われる。ツバキ科の常緑小高木であることがわかるが、栽培法の記述はない。

3.園芸の棚(620~)へ行き、栽培関係の資料をみる。
b『ナチュラルガーデン 樹木図鑑』(講談社)のp.61にサカキの項目があり、「植えつけは3月下旬~7月か9~12月に、移植は3~4月に行います。剪定は3月か6~7月、9月上旬~10月下旬に行い、幼木は同時に施肥を行います。」との記述があった。
c『図解 自然な姿を楽しむ庭木の剪定』(講談社)のp.108にサカキが掲載されており、bと同様の記述があった。

4.d『実用園芸百科1 花木・庭木』(ぎょうせい)のp.194にサカキの項目があり、「ワンポイント:日陰を好む。株元を乾燥させない」と書かれていた。又、「生長は遅く、樹姿は自然に整うので、特に込み合う部分を間引く程度でよい。切り戻しは必ず枝分かれしている部分で行う。」との記述もあった。
切り戻しとは、dによると「枝の途中で切りつめる剪定法」とのことである。dにはサカキの肥料・病虫害に関する記述もあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
園芸  (620 10版)
花卉園芸[草花]  (627 10版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 11 (サ-サン) 改訂新版. 平凡社, 2007.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009140496-00
正木覚 著 , 正木, 覚, 1952-. ナチュラルガーデン樹木図鑑 = Trees for Natural Garden. 講談社, 2012.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023567835-00 , ISBN 9784062175289
平井孝幸 著 , 平井, 孝幸, 1951-. 図解自然な姿を楽しむ「庭木」の剪定. 講談社, 2012.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024006739-00 , ISBN 9784062178877
実用園芸百科 1 (花木・庭木). ぎょうせい, 1985.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001744439-00 , ISBN 4324000018
キーワード
(Keywords)
サカキ
園芸
栽培
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000263314解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!