このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000216549
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
19612
事例作成日
(Creation date)
2017年05月25日登録日時
(Registration date)
2017年05月25日 15時58分更新日時
(Last update)
2018年04月11日 14時02分
質問
(Question)
風邪で医者に行ったら抗生物質を処方された。風邪の大半の原因は「ウィルス」だと思っているので、「細菌」に対して有効な抗生物質をもらっても仕方がないと思うのだが、風邪の原因が「細菌」の場合はあるのか?
回答
(Answer)
次の資料を提供

・家庭医学大事典 ホームメディカ(5983 K2 1-3 参考)
  p.1258-「かぜ症候群」

次のような内容あり。

・風邪の原因は大半はウィルスで、残りが細菌やマイコプラズマやクラジミア
・「抗生物質」投与は良い細菌を殺す場合があるので注意が必要
・いん頭炎、喉頭炎、気管支炎の時は、
 細菌感染が疑われるので抗生物質を使用する場合がある、等
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家庭衛生  (598)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
家庭医学-便覧
風邪
ウィルス
細菌
抗生物質
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000216549解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!