このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2473
事例作成日
(Creation date)
2015年05月08日登録日時
(Registration date)
2017年02月16日 15時03分更新日時
(Last update)
2017年02月16日 15時26分
質問
(Question)
アルミニウム粉末による火災事例を集めたい。
回答
(Answer)
以下に、事故事例を提供している情報源をフォーマット別にご紹介します。
情報源によって情報量の多寡がありますが、ご了承ください。

1web情報
   情報提供している公的機関をご紹介します。

 (1)厚生労働省「職場のあんぜんサイト」  http://anzeninfo.mhlw.go.jp/
  ア「化学物質」→「GHSモデルラベル・SDS情報」
GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)に基づいて作成が義務付けられている
SDSカード(安全データシート)について、物質ごとのひな形が登録されているデータベースです。
「アルミニウム粉」の安全データシートに、「災害事例」が5件登録されていました。
事故内容が簡潔に記述され、発災年月や場所などの具体的記述はありません。
イ「災害事例」→「労働災害事例」
アルミニウム粉末を起因とする事故事例が3件ヒットします。
発生状況、原因、対策が詳しく記述されていますが、発災年月や場所などの具体的記述はありません。

(2)神奈川県化学安全情報提供システム(Kis-net)  http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/kisnet/
「アルミニウム」のデータシートに事故事例が2件記載されています。
記載項目は、事故の名称、発生日、時刻、被害額、負傷者数、事故の概要、事故の原因、発生場所。

 (3)日本アルミニウム協会
   「平成19年度アルミニウム粉塵爆発のリスクアセスメント実施に資する基礎調査および安全対策マニュアルの
    作成に関する調査研究報告書-要旨-」
     http://www.aluminum.or.jp/topics/pdf/080411.pdf
     協会ホームページで公開しているこの報告書の中に「1969~2008年の爆発事例」(p20~31、表2-1-3)という一覧表があります。
     総数37件のうち、起因物質にアルミニウム粉末が含まれると思われるものは20件です。
     記載項目は発生年月、業種、被害、状況、原因。

2 図書資料
 
 (1)『化学物質・プラント事故事例ハンドブック』 田村昌三/編 丸善 2006
    P.330「金属粉工場におけるアルミニウム粉砕作業中の爆発・火災」
    P.341「金属粉工場におけるアルミニウム粉の袋詰め作業中の火災」
    掲載項目は、事例発生日・発生地・発生場所や被害(死者・負傷者・物的被害・損害額)事象・
    経過・事故発生原因・事故の背景・対処等。

 (2)『火災爆発事故事例集』安全工学協会/編 コロナ社 2002
    P256「産業廃棄物処理における火災・爆発事例-アルミニウム類」の項目に3件の事例が記載されています。
    事故状況と原因の簡潔な記載です。

 (3)『危険物ハンドブック』 ブレスリック/〔著〕 田村昌三/監訳 丸善 1998
    p10~16のアルミニウムの項目で、さまざまな事例の概略と参照文献が、発火原因となる
    混触物別に紹介されています。すべて海外の事例です。

 (4)『粉じん爆発・火災対策』日本紛体興業技術協会粉じん爆発委員会/編 オーム社 2006
    p8~16「1978年以降の主な粉じん爆発事故事例」に事例一覧があります。総数42件のうち、
    アルミニウム粉末を起因とする事例(マグネシウム合金含む)は6件です。
    記載項目は、発生年月、発生場所、死傷者数、爆発物質、事故の概要。

 (5)『安全衛生年鑑』(昭和56年版から所蔵、平成18年版で終刊、昭和59年版まで『産業安全年鑑』)中央労働災害防止協会
    資料編にその年の主な労働災害が掲載されています。
    例えば平成17年版の主な災害の中にはアルミニウム粉を起因とする2件が含まれていました。
    索引がないので利用しにくいとは思いますが、ご参考までにご紹介します。
    
3 新聞記事
    朝日、読売、日経などのオンラインデータベースがご利用いただけます。ご参考までに最近の事例をご紹介します。

    ・日本経済新聞 2014年8月2日 「中国で工場爆発 65人死亡 江蘇省・昆山 車用ホイール生産」
    ・朝日新聞 2014年7月25日 「実験中に爆発、生徒4人搬送 津高の部活動」
    ・朝日新聞 2006年12月20日 「工場で爆発、2人重傷 東大阪」
    ・日本経済新聞 2005年10月21日 「滋賀、工場爆発、3人重軽傷」
    ・朝日新聞 2003年7月29日 「工場で爆発、2人重傷 岐阜・大垣」
    ・読売新聞 2000年6月24日 「工場爆発で3人重傷/福岡・北九州」

4 雑誌記事
    国立国会図書館サーチ( http://iss.ndl.go.jp/ )、CiNii(NII学術情報ナビゲータ http://ci.nii.ac.jp/
    等による検索から、当館所蔵雑誌の関係論文をご紹介します。

 (1)「日野製造所のアルミ粉末爆発防止対策」(『安全と健康』2013年2月号p31~34)
    1997年と2005年に起きた爆発事故の詳細とその後の安全対策についての論文です。

 (2)「アルミ粉体鋳造用発熱保温材製造工場の火災事例」(『安全工学』vol.47 №3 2008 p184~187)
    2006年12月の事例について、東大阪市消防局による消火活動を中心とした論文です。

以上です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
燃料.爆発物  (575 8版)
化学薬品  (574 8版)
工業.工業経済  (509 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000210041解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!