このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2017口頭0401
事例作成日
(Creation date)
2017/3/13登録日時
(Registration date)
2017年04月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年05月09日 13時38分
質問
(Question)
鉄と亜鉛(Fe-Zn)について、「相図」という図を見たい。
回答
(Answer)
相図(phase diagram)は状態図とも言い、対象物質の混合濃度と温度によって合金がどの様な状態になるのか(相がどのように現れるのか)を示したものです。対象物質群を「系」、系を構成する物質を「成分」といいます。成分相互の割合は濃度で表し、対象物質が均一な状態にあるときを「相(phase)」といいます。2種類の成分で構成される合金(二元合金)の状態図は二元系平衡状態図(binary alloy phase diagram)といいます。

下記の資料(1)~(3)に、Fe-Znの相図が掲載されています。(【 】内は当館請求記号です。)

(1)
O.A.バニフ [ほか]編著. 鉄合金状態図集:二元系から七元系まで. アグネ技術センター, 2001.11.【PD131-G31】
1986年にソ連(当時)で発行された"Diagrammy Sostayaniya Sistem na Osnove Zhereza"(O. A. Bannykh, M. E. Drits eds.)を基に新たに編集を行った、鉄基合金の状態図集です。「Fe-Zn」は、pp.98-101.に記載されています。

(2)
Binary alloy phase diagrams / editor-in-chief, Thaddeus B. Massalski ; editors, Hiroaki Okamoto, P.R. Subramanian, Linda Kacprzak. 2nd ed. ASM International, c1990.【PD37-B3】
全3巻の二元系状態図集です。元素記号のアルファベット順に収載されており、第3巻の巻末にIndexがあり、「Fe-Zn」の記載の所在が確認できます。「Fe-Zn」は、Vol. 2.(Cd-Ce to Hf-Rb)のpp.1795-1797.に記載されています。

(3)
prepared under the direction of the ASM International Handbook Committee. ASM handbook. ASM International, c1984-【PD2-B7】
複数巻から構成されている金属のデータブックであるASM handbookのうち「v. 3 Alloy phase diagrams [2016 ed.]」が合金の状態図集です。「Section 2 Binary Phase Diagrams」(pp.79-623)の項に、約1,000の二元系の状態図を収録しています。「Fe-Zn(Iron-Zinc)」は、p.360.に記載されています。

なお、調べ方案内「状態図(平衡状態図、相図、相平衡図、phase diagram)を調べる」( http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/phase-diagram.php )でも、各種の資料を紹介していますので合わせて御覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
冶金.合金  (563)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
相図
状態図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000215109解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!