このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
S-5116
事例作成日
(Creation date)
2013年09月12日登録日時
(Registration date)
2016年04月28日 10時02分更新日時
(Last update)
2017年12月22日 12時47分
質問
(Question)
SS400とS25Cで電気伝導率が高いのはどちらか。SS400は一般構造用圧延鋼材、S25Cは機械構造用炭素鋼とのこと。
回答
(Answer)
当館資料ではお調べすることができませんでした。

※あくまで参考に、信頼性は低いと断ったうえで、調査途中で推定されたSS400とS25Cの電気抵抗率をお伝えした。
回答プロセス
(Answering process)
①それぞれについて、参考室にある材料系の事典で調べるが該当なし
②それぞれについて、JIS検索でキーワード検索を行う→SS400はJIS G 3101、S25CはJIS G 4051で規定されていると分かる。
③それぞれのコードでJIS検索を行う。
→JISでは化学成分や機械的性質について規定はあるが、電気伝導率の規定はなし
④インターネット検索にて、電気伝導率は電気抵抗率の逆数であると知る。
⑤『金属データブック』p121にて、鋼鉄材料の電気抵抗率を調べるが、SS400およびS25Cにあたる組成の材料はなし。
⑥時間切れにより、一度利用者にTELで見つからない旨回答。『鋼鉄材料選択のポイント』に載っていないか?と聞かれる。
⑦同書を調べるが、電気伝導率および抵抗率の明示はなし。ただし、SS材の説明にSS400材のC%はおよそ0.21であるという記述あり(p14)。また、付録の電気抵抗の説明で、C鋼の電気抵抗はC%に比例して大きくなること、また配合%別の電気抵抗の表が記載されていた。(p217)0.2%Cは16.9となっているため、SS400の電気抵抗は、約16.9であると考えられる。
⑧インターネット検索において、神戸鉄鋼の純鉄系軟磁性鋼の商品説明あり。この中で、S25Cの電気抵抗が17.6とされている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金属工学.鉱山工学  (56 9版)
金属工学.鉱山工学  (560 9版)
参考資料
(Reference materials)
金属データブック 改訂3版.日本金属学会 編 , 日本金属学会. 丸善, 1993.(560.3/ニ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002249020-00 , ISBN 4621038257
鉄鋼材料選択のポイント 増補改訂2版.大和久重雄 著 , 大和久, 重雄, 1911-. 日本規格協会, 2000. (JIS使い方シリーズ)(501.4/オ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002945203-00 , ISBN 4542303896
キーワード
(Keywords)
一般書
電気伝導率
金属
その他
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000191708解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!