このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-005
事例作成日
(Creation date)
2016年11月14日登録日時
(Registration date)
2017年05月05日 14時31分更新日時
(Last update)
2017年07月12日 18時01分
質問
(Question)
中島敦の作品「環礁」に登場する「パラオ南方離島通いの小汽船」である国光丸について知りたい。中島敦が乗ったと思われる「国光丸」は実在するか、実在するなら運営会社や船主などの詳細が知りたい。
回答
(Answer)
「国光丸」に関する資料は見当たらなかった。中島敦の作品「環礁」については、創作の可能性が高く、中島敦は南方の離島めぐりには行っていないとする論考があった。また、本人の日記や手紙によると、トラック、ポナペ等への視察旅行で乗った船は「パラオ丸」(昭和16年9月15日から)と「山城丸」(同年11月17日から)だとする資料があり、これを紹介した。

『中島敦の作品研究 国文学研究叢書』(浜川勝彦著 明治書院 1976)
 p208 「南島譚の世界」に「この見聞記は(中略)彼の「創作」である可能性がつよい」とあり。土方久功「南方離島記」(草稿、未出版)にナポレオン少年の話が出てくること、土方氏へのインタビューや中島敦の日記、また当時の状況から、中島敦が「南方離島記」でナポレオン少年のことを知ったが、この話で想定していると思われる南方の離島(プル島、ソンソロル諸島、ヘレン礁)へ訪れたとは思えないことなどが論考されている。離島めぐりの船についても「小汽船」として名称の記載なし。

『中島敦全集 第3巻』(中島敦著 文治堂書店 1959)
 p344 昭和16年9月15日の日記に「パラオ丸」とあり。

『中島敦父から子への南洋だより』(中島敦著 川村湊編 集英社 2002)
 p243 解説中に、「十一月十七午後四時、パラオを山城丸で出航」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 中島敦の作品「環礁」を確認する。
『日本文学全集 16 宮沢賢治』(池澤夏樹編 河出書房新社 2016)
 p267 「パラオ南方離島通いの小汽船、国光丸」とあり。

2 《国会図書館サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図書館)を〈船名 & 録〉で検索する。
《国会図書館デジタルコレクション》
「日本船名録 昭和17年度」(運輸通信省海運総局 1944)
 索引の船名に国光丸なし。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1142437  国会図書館)

「日本船名録追録 昭和17年版 第2号」
 索引の船名に国光丸なし。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1052958  国会図書館)

「日本船名録 昭和16年度」(帝国海事協会 1944)
 p41 「国光丸」の記述はあるが、内地のみ。質問者調査済みの三光汽船の国光丸と思われる。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1142408  国会図書館)25コマ

3《国会図書館サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国立国会図書館)を〈国光丸〉で検索すると以下の2件がヒットする。
《国会図書館デジタルコレクション》
「官報. 1951年11月02日」(大蔵省印刷局 1951)
 p29「告示 / 電波監理委員会 / 第1884号 / 無線局免許(国光丸)」の項に、日本汽船株式会社の「国光丸」について記述があるが、「主たる停泊港 神戸」とあり、年代も異なる。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2964000  国立国会図書館)3コマ

「社業回顧録」(三光汽船株式会社 1968)
 三光汽船については質問者調査済み。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3444941  国立国会図書館)

4 中島敦関係の図書を確認する。(回答資料)

5 船舶関係の図書にあたる。以下「國光丸」について記載なし。
『大阪商船株式会社80年史』(大阪商船三井船舶株式会社編 大阪商船三井船舶 1966)
『日本の船 汽船編』(山田廸生著 日本海事科学振興財団船の科学館 1997)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2016年11月13日。
事前調査事項
(Preliminary research)
『中島敦父から子への南洋だより』(川村湊編 集英社 2002) 中島敦がミクロネシアにいたのは1941年7月2日以降、中島敦が視察旅行を始めるのが9月15日からとあり。
『太平洋戦争 喪われた日本船舶の記録』(宮本三夫著 成山堂書店 2009)  戦前に国光丸という船は少なくとも3隻あったとあり。
『日本商船・船名考』(松井邦夫著 海文堂出版 2006) 「国光丸」のうち2隻は戦時標準船なので候補から外れる。
個人ウェブサイトに、三光汽船の「国光丸」は1941年9月4日に徴用されているとあり。
『社業回顧録』(三光汽船 1968) 南方に配船したという記述なし。
NDC
各種の船舶.艦艇  (556 9版)
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中島敦の作品研究 国文学研究叢書』(浜川勝彦著 明治書院 1976)
『中島敦全集 第3巻』(中島敦著 文治堂書店 1959)
『中島敦父から子への南洋だより』(中島敦著 川村湊編 集英社 2002), ISBN 4-08-775315-8
キーワード
(Keywords)
中島敦
環礁
国光丸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000215656解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!