このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000025122
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2005F0197
事例作成日
(Creation date)
20050426登録日時
(Registration date)
2005年12月01日 02時11分更新日時
(Last update)
2005年12月05日 09時31分
質問
(Question)
咸臨丸の機関図面が付属している資料を知りたい。帝国海軍省が発行した沼津兵学校の関係資料であったかもしれない。
回答
(Answer)
咸臨丸の図面が載っている文献を調査したところ、下記の資料に図面が掲載されていました。東京本館で所蔵しています。
(1) 飯盛汪太郎:幕末軍艦『咸臨丸』考-オランダでの新発見資料を中心に- (『世界の艦船』188 1973.4 pp.103-111 当館請求記号 Z16-467) 形態26cm
 p105に咸臨丸総帆図、p106に咸臨丸の汽缶、p107に「咸臨丸船体線図」と「咸臨丸横截面図」、p108に「咸臨丸の船首飾り」、p109に「咸臨丸の引込み式煙突」、p110に「咸臨丸のスクリュー・プロペラ」と「咸臨丸帰途洋中亜米利加鯨漁船図」、p111に「小笠原開拓の際、荒天に遭遇した咸臨丸の船内の模様を描いた図」が載っています。
(2) 『咸臨丸還る : 蒸気方小杉雅之進の軌跡』橋本進著 中央公論新社 2001.2  373,6p(当館請求記号 GB383-G41) 形態20cm
 p31に「咸臨丸帆装図」、p37に「咸臨丸艤装図(側面図)」と「咸臨丸の煙突構造」、p39に「咸臨丸推進器昇降装置」が載っております。
(沼津兵学校関連資料について)
 帝国海軍省が発行した沼津兵学校関係資料に関して、当館のNDL-OPAC( http://opac.ndl.go.jp/index.html )を出版者「海軍省」で検索しましたが、検索結果中に「沼津兵学校」を主題とする図書は見あたりませんでした。
 また、沼津兵学校の資料については、下記の資料を調査しましたが、こちらも咸臨丸の機関図は見あたりませんでした。
 シリーズ沼津兵学校とその人材(1) まぼろしの静岡藩海軍学校と『蒸気器械書』の謎
 (『沼津市明治資料館通信』沼津市明治資料館 創刊号 1985.4.25 pp.3 
  当館東京本館所蔵 請求記号 Z8-2446)
  → 附図『海軍蒸気器械図』の写真は載っていましたが、咸臨丸に関する図や写真はありません
     でした。
 『蒸気器械書』(海軍学校 1869 当館東京本館所蔵 請求記号 YDM300575)
(オランダでの所蔵資料について)
飯森汪太郎:新発見の咸臨丸(ヤパン号)の図面(『海事史研究』13 1969.10 序文 当館東京本館所蔵 請求記号 Z5-8)に、以下の記述がありました。
 「かねて咸臨丸の図面探しに熱心な片山積氏(咸臨丸復元保存協会理事長)が、昵懇の駐日
  オランダ大使館員スロート氏の協力を得て、咸臨丸の建造地オランダで図面捜索が行われ、
  さきごろその図面をロッテルダムの海事博物館から入手された。口絵に紹介したのはその一部で、
  縮尺百分の一の正確な総帆図であるが、このほかにも四〇分の一の線図・船体横断面図・
  機関図・推進器図など八枚があり、咸臨丸の全貌を明らかにする貴重な一等資料である。」
また、『海軍と気象』(厚川正和著 市川学園地学科気象室 2002 当館東京本館所蔵 請求記号 GB611-G126)のp13「幕艦 '咸臨丸'」の項に以下の記述がありました。
 「最近の調査では、キンデルダイク(Kinderdijc)のフォップスミット(FopSmit)造船所(現在のL Smit
  and Zoons Scheep and Werktuig bouw SB)で、1856年起工、代価 155,000ギルダーであった、
  と云われている。オランダ、ロッテルダム海事博物館で発見された咸臨丸の図面、総帆図には
  Nederlands che Stoomsboat Maatschappij 10 Junij 1856 ? Fijenoord & Rotterdamの
  スタンプが、又、機関汽罐拡大図には、Paul van Vlissingen and ・・・ 22 Dec 1856 Amsterdam
  と記されている。」
そこで、オランダ国内の海事博物館の所蔵目録検索MARITIEM DIGITAAL
( http://www.maritiemdigitaal.nl/ )を 'Japan' と '1856' をキーワードとして検索したところ、咸臨丸の図面の所蔵は確認できませんでしたが、咸臨丸の姉妹艦 'BALI' と思われる図面の所蔵情報がありました。
 Object number: [vrl.nr. 03977]
 Museum: Nederlands Scheepvaartmuseum Amsterdam
 Collection: technische tekeningen
 Title: Het schroefstoomfregat Zr.Ms. 'Bali'. (Japan), 1856. Machine geraamtes.
 Creator: anoniem
 Shipname: Bali fregat schroefstoomfregat
 Date: 1856
 Keywords: technische tekening
 Description: Het schroefstoomfregat Zr.Ms. 'Bali'. (Japan), 1856. Machine geraamtes.
Nederlands Scheepvaartmuseum Amsterdam(オランダ国立海事博物館)の利用案内については、王立海事博物館のホームページ( http://www.scheepvaartmuseum.nl/index_ns.htm )をご覧下さい。
インターネットの最終アクセス日は2005年4月15日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
舶用機関[造機]  (554 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
運輸工学
船舶
咸臨丸
機関図面
帝国海軍省
沼津兵学校
オランダ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000025122解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!