このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B110307023209
事例作成日
(Creation date)
20110401登録日時
(Registration date)
2011年05月19日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年05月19日 11時47分
質問
(Question)
明治・大正時代に日本で運用された蒸気船の構造に関する書物、文献が載っている資料がありましたら、ご紹介をお願い致します。
回答
(Answer)
ご照会の事項について以下の通り回答します(【 】内は当館請求記号です)。詳細については、各所蔵館にお問い合わせください。


1.明治・大正期の商船についてまとめられた資料

資料(1)
上野喜一郎『船舶百年史. 前篇』(船舶百年史刊行会 [1958]【550.21-U372s】)
「第2期 文明萌芽時代(明治1-明治28)」pp.17-38では、当時の造船所、建造船、海運会社、船用機関が紹介されています。「第3期 国力興隆時代(明治29-大正8)」pp.39-102では、欧州航路、当時の艦船、航路、造船技術が紹介されています。
この資料の復刻版は、北海道大学北図書館、北海道大学附属図書館水産学部図書室などで所蔵しています。


2.明治・大正期に刊行された船舶に関する資料

資料(2)
加藤成一『最近の商船 : 設計建造及修理. 上,下巻』(丸善 [大正9(1920)]【YD5-H-381-74】)(マイクロフィッシュ)
大正期の商船の構造について説明した資料です。上巻「第一編 序論」「第五章 本邦船舶の航路及船種」p.26第5図に、当時の船の構造図が掲載されています。下巻「第四編 船体の構造」pp.25-30 「第十五章 機関室及石炭庫」では、当時の機関室について、 pp.57-60「第二十五章 外車汽船」では、外車汽船の外輪等を説明しています。下巻「第五編 船体配置及艤装」pp.60-158では、当時の船の構造及び配置について説明されています。
当該資料は、資料保存のためデジタル化しており、当館での閲覧・複写はデジタル資料をご利用いただくことになります。当該資料は、近代デジタルライブラリーに収録されていますが、著作権の調査を行っていないため、インターネットでは本文の画像を公開しておらず、館内限定公開としています。
国立国会図書館内(東京本館および関西館)に設置されている端末でのみ、本文の画像をご覧になれます。
そのほか、北海道大学附属図書館水産学部図書室、神戸大学社会科学系図書館などで所蔵しています。

資料(3)
小栗孝三郎 『最新海軍通覧』(海軍通覧発行所 [明43.1(1910)] 【YDM52707】)(マイクロフィッシュ)
出版当時の海軍についてまとめられた資料です。当時の帝国海軍の戦艦、巡洋艦などの構造についての記述があります。
当該資料の閲覧は可能ですが、資料保存のためデジタル化しており、当館での閲覧・複写にはデジタル資料をご利用いただくことになります。当該資料は、近代デジタルライブラリー( http://kindai.ndl.go.jp/ )に収録されており、インターネットで本文画像の閲覧が可能です。
そのほか、神戸市立中央図書館、東洋大学附属図書館などで所蔵しています。

資料(4)
加藤勢三 『造船教科書 : 水産学校』(興文社 [明42.8(1909)]【YDM67184】) (マイクロフィッシュ)
明治期に書かれた、造船に関する資料です。当時の船の構造について説明しています。蒸気船の機関については、pp.55-73「第三編 舶用機関」「第一章 汽缶」「第二章 汽機」で紹介されています。
当該資料の閲覧は可能ですが、資料保存のためデジタル化しており、当館での閲覧・複写にはデジタル資料をご利用いただくことになります。当該資料は、近代デジタルライブラリー( http://kindai.ndl.go.jp/ )に収録されており、インターネットで本文画像の閲覧が可能です。

資料(5)
『造船規程』(逓信省管船局 [明35.4(1902)【YDM38129】) (マイクロフィッシュ)
明治29年10月1日施行分、明治33年6月1日施行分、明治34年11月改正分をまとめて掲載しています。各規定では、第一編では船体が、第二編では機関について記述されています。
当該資料の閲覧は可能ですが、資料保存のためデジタル化しており、当館での閲覧・複写にはデジタル資料をご利用いただくことになります。当該資料は、近代デジタルライブラリー( http://kindai.ndl.go.jp/ )に収録されており、インターネットで本文画像の閲覧が可能です。

資料(6)
『造船規程. 大正5年12月改正』(帝国海事協会 [大正6(1917)]【YD5-H-339-884】)(マイクロフィッシュ)
大正5年改正で改正された船の構造に関する規程です。第一編では船体の構造が、第二編では機関について記述されています。
そのほか、九州大学 附属図書館 伊都図書館、北海道大学附属図書館などで所蔵しています。

なお、資料(4)、(5)については、当館以外の所蔵館は見つかりませんでした。


調査済資料・データベース
・NDL-OPAC( http://opac.ndl.go.jp/
・NACSIS-Webcat( http://webcat.nii.ac.jp/
・近代デジタルライブラリー( http://kindai.ndl.go.jp/
・北海道大学蔵書検索( http://opac.lib.hokudai.ac.jp/
・神戸大学附属図書館( http://lib.kobe-u.ac.jp/www/


インターネットの最終アクセス日は2011年3月24日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
船体構造.材料.施工  (552)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
蒸気船
汽船
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000086377解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!