このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000261771
提供館
(Library)
枚方市立中央図書館 (2310213)管理番号
(Control number)
00016-190925
事例作成日
(Creation date)
2019年09月25日登録日時
(Registration date)
2019年09月25日 14時50分更新日時
(Last update)
2019年10月03日 16時25分
質問
(Question)
過書船の中で伏見-枚方―大坂を行き来した三十石船にも通常の過書船のように帆があったか? もし絵図があれば見たい。
回答
(Answer)
乗客専用の三十石船で帆をあげている絵図はありませんでした。
『淀川両岸一覧』などに船の絵はあるが、人が乗っている三十石船には帆はなかったようです。帆をあげているのは荷船のようです。
回答プロセス
(Answering process)
淀川を行き来する船の絵が載っている資料を探してみたが、帆をあげている船の絵は見当たらなかった。『枚方市史』で引用されている絵図は『和漢船用集』からのものだったが、帆はない。三十石船に関する資料でも、船の構造の説明でも、帆をあげて行き来したというような記述は見つからなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
海洋工学.船舶工学  (550)
参考資料
(Reference materials)
『淀川両岸一覧』 柳原書店 1978年 (暁晴翁著 松川半山画 文久元年刊の翻刻)
『枚方市史 第3巻』 枚方市 1977年
『郷土枚方の歴史』新版 枚方市 2014年
『市立枚方宿鍵屋資料館展示案内』 枚方市教育委員会 2001年
『ものと人間の文化史 和船Ⅱ』 石井謙治 1995年, ISBN 4-588-20762-8
キーワード
(Keywords)
三十石船
淀川
過書船
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000261771解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!