このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2018口頭1003
事例作成日
(Creation date)
2018年10月12日登録日時
(Registration date)
2018年10月13日 09時36分更新日時
(Last update)
2018年10月23日 17時42分
質問
(Question)
紫外・可視分光光度計を製造するメーカー及びそのシェアを知りたい。
回答
(Answer)
紫外・可視分光光度計を製造するメーカーについては、以下のインターネット情報及び資料1で確認できます。メーカーシェアについては、以下の資料2で確認できます。
インターネットの最終アクセス日は2018年10月2日です。【 】内は当館請求記号です。

インターネット情報
Web分析総覧( http://www.jaimadirectory.jp/
年1回刊行される『科学分析機器総覧』のインターネット版です。随時更新されているため、各社の分析装置およびその周辺機器・関連製品の新しい情報を得ることができます。また、製品名の一部や特長などのキーワード、計測する物質名などでの検索ができます。
キーワード“紫外・可視分光光度計”で検索すると、取り扱っているメーカーや各メーカーでの製品名の一覧が確認できます。

資料1
日本科学機器協会 編 ; 日本分析機器工業会 [監修]. 科学分析機器総覧. 日本科学機器協会, 2012-【Z74-B315】
インターネット情報の『Web分析総覧』の冊子体で年刊です。理化学機器、体積計など実験用器具、分析機器・装置などの機器を機種ごとに掲載しています。巻末には掲載会社の名簿があります。
2018年版では、紫外・可視分光光度計はpp.458-465に掲載されています。

資料2
アールアンドディ [編]. 科学機器年鑑. アールアンドディ, [1992]-【Z41-B291】
科学機器の市場動向や企業の実態を調査しています。年刊で、“(1)(市場分析編)”、“(2)(個別企業編)”の2冊での刊行です。市場分析編では市場の現状、主要製品の市場規模やメーカーシェアがまとめられています。
2017年版では、紫外・可視分光光度計は市場分析編の「第2章 主要製品のマーケット動向」に“紫外・可視分光光度計(一般分析用)”(pp.151-153)と“紫外・可視分光光度計(ライフサイエンス用)”(pp.274-276)に分けて掲載されています。


国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」の調べ方案内でも、精密機器製造業に関する資料を紹介していますので、あわせてご覧ください。
・精密機器製造業(計量器・測定器・レンズなど)について調べるには(統計・名鑑・インターネット情報源等)( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102706.php )
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電子工学  (549 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
化学機器
光度計
分析器
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
経済社会
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000243748解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!