このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14062512469078
事例作成日
(Creation date)
2015/08/21登録日時
(Registration date)
2015年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時30分
質問
(Question)
焼板(焼杉)の作り方、利用されている地域について知りたい。
回答
(Answer)
『図解 木造建築の知恵 続 -秀れた技術者となるために-』によると、「板の焼き方は、海岸砂浜か池の畔りで、板を三角形にして縄で仮縛りして煙突形を作り、地面に鉋屑を燃やせば、煙突作用で板はごうごうと音を立てて燃えます。」と書かれている。

『藤森照信、素材の旅』に、製作工程の写真とともに、焼板作成の手順が詳しく書かれている。さらに地域については、「日本列島を東西2つに分けて、滋賀県から西の方のみで用いられる伝統技法」と記載されている。

『建築史的モンダイ』によると、焼板が利用されている地域について、「元々、西日本のもので、今でも東日本で使われることはめったにない。」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築構造  (524 9版)
参考資料
(Reference materials)
長尾勝馬『図解 木造建築の知恵 続 -秀れた技術者となるために-』理工図書,1996,762p.参照はp.255.
藤森照信『藤森照信、素材の旅』新建築社,2009,259p.参照はp.212-225.
藤森照信『建築史的モンダイ』ちくま新書,2008,231p.参照はp.98.
キーワード
(Keywords)
焼板・焼杉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014062512454569078
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000184826解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!