このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000021781
事例作成日
(Creation date)
2015/05/04登録日時
(Registration date)
2015年05月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年11月12日 17時21分
質問
(Question)
雨が降った翌朝、ミミズが土の外に出てきているときがある。なぜそうなるのか知りたい。
回答
(Answer)
こどもの本の、軟体動物(483)の棚などを探す。

『ミミズ 土をつくる生き物』(あかね書房)p8-9「強い日ざしはきらい」に、ミミズは強い日ざしにあたりつづけると体が乾いて死んでしまうため、落ち葉の下や土の中など日光があたりにくい場所に住んでおり、地面に姿をあらわす場合も日光があたらない夜や雨の日が多いとある。またシマミミズの写真のキャプションに、雨の日には土の中の二酸化炭素が多くなり地面に出てくると言われているとの記載あり。p32-33のカッショクツリミミズの写真にも、雨の夜などに地面に這い出てくるとの記載があるが、理由にはふれていない。

『ずかん 落ち葉の下の生きものとそのなかま』(技術評論社)p17のコラム「雨上がり殺人事件!?」には、雨のあくる日に道路の上などでミミズが干からびていることがあるが、これには「雨で土の中が水浸しになり、息が苦しくなって這い出し戻れなくなった」「地面がぬれている間に別の場所に移動しようとして行きだおれになった」などいろいろな説があるが真相は謎との記載がある。

なお、下記の本には、ミミズについての記載はあるが、雨の後などに地上に出てくる理由についてはふれていなかった。

『ハンディ版 学校のまわりでさがせる生きもの図鑑 水の生きもの』(金の星社)p100「ミミズってどんな生きもの?」のコラムがある。
『ダーウィンのミミズの研究 たくさんのふしぎ傑作集』(福音館書店)ダーウィンが行ったミミズの土作りに関する研究について。
『ポットくんとミミズくん かがくのとも傑作集』(福音館書店)ミミズの暮らしをストーリー形式で説明した絵本。巻末に大人向けの解説あり。
『ミミズのふしぎ』(ポプラ社)写真が主で文章は少ない本。巻末に「ミミズにはまだまだわかっていないことも多い」とある。
『そだててあそぼう 37 土の絵本 2 土のなかの生きものたち』(農山漁村文化協会)p10-11にミミズの飼育についての項がある。
『みみずのカーロ シェーファー先生の自然の学校』(合同出版)ミミズのコンポストなどを使ったドイツの学校の授業について。

『ミミズのはたらき』(創森社、大人向けの本)p18に「少しの振動でも地表に飛び出すのは外敵から逃避する行動と言われている」との記載があるが、雨との関連は不明。
『あなたの知らないミミズのはなし』(大月書店)大人向けでふりがなが少ないが、比較的読みやすい。
回答プロセス
(Answering process)
後日、当事業サポーターから、東北大学などで活躍された畑井新喜司らの研究をご教示いただいた。
『ミミズの話』(北隆館)では、ダーウィン、フレンド、ランケスターそれぞれの説(寄生虫説、酸素不足説)が紹介され、より確かなものとして畑井氏の見解と、もととなる実験について触れられている。土中の炭酸ガスの濃度が増え、外へと這い出してきたミミズが、紫外線の有害作用で動けなくなって、死亡するという説。畑井氏の説については『復刻 みみず』(サイエンティスト社)で確認することができた。小学生から理解できるものとして、学研キッズネット( http://kids.gakken.co.jp/ )の「なぜなに学習相談」に「ミミズは雨の日どうしてアスファルトの上に出てくるの」( http://kids.gakken.co.jp/box/nazenani/pdf/01_doubutu/X1020052.pdf )があった。
ただ『動物学雑誌』第28巻第3・4号(1953年)にて、東北大学から提出された見解「ミミズの炭酸ガスに對するChemotaxis」を受けて、ミミズの這出行為の原因をCO2に求めることに対しては、「上述の現象の説明の為には,天候による地中CO2濃度の変動をその要因と考える事にも尚疑問の余地が残されて居り,更に多くの吟味が必要と思われる」とされている。

さらに平成27年(2015年)11月、柴田康平『ミミズの謎』(誠文堂新光社)が刊行された。先行研究をふまえて観察と実験の試行錯誤の様子が綴られている。ミミズが土の外に出てくる要因も(降雨後に限らず)丹念に考察されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
無脊椎動物  (483 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ミミズの話』山口英二/著(北隆館) (p91「ミミズの大量一斉斃死」)
『復刻 みみず』畑井新喜司/著(サイエンティスト社) (p136)
『ミミズの謎』柴田康平/著(誠文堂新光社) (1章干からびミミズの謎)
キーワード
(Keywords)
みみず(ミミズ)
生態
生物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生
登録番号
(Registration number)
1000175265解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!