このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10060812356706
事例作成日
(Creation date)
2010/06/05登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時30分
質問
(Question)
チヌ(クロダイ)は視力がよいと聞いたが、どれくらいの視力があるのか。
回答
(Answer)
クロダイの視力を求めた資料としては資料①のみであったが、資料②では41種類の淡水・海水魚の視力を求めている。両者とも、視細胞の密度とレンズの焦点距離から計算された数値である。資料①では、「視細胞の密度から求められたクロダイの視力は0.14となる。」とある。しかし、「このような結果は、“クロダイは眼がよい”と信じている釣り人に受け入れがたいかもしれない。それに、私が説明してきたクロダイの視力は視細胞密度より求められた理論値にすぎない。この理論値的な視力は物の細部を見分ける視力であり、クロダイにとっては物体の有無を見分ける視認視力が大切なのかもしれない。」とある。資料②に表記されている41種類の淡水・海水魚の視力の幅は、一番数値の高い魚は「フウライカイジキ」の0.56で一番低い魚は「クロホシイシモチ」と「テンジクダイ」の0.07である。同じタイ科の魚である「マダイ」の視力は0.16、「チダイ」の視力は0.15、「デダイ」の視力は0.16であり参考となる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
無脊椎動物  (483 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 海野徹也著『クロダイの生物学とチヌの釣魚学』成山堂書店,2010,p.174,参照は49-54p.資料② 川村軍蔵著『魚との知恵比べ(3訂版)』成山堂書店,2010,p.200,参照は42p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010060812350556706
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086932解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!