このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M21041615014744
事例作成日
(Creation date)
2021/5/15登録日時
(Registration date)
2021年12月29日 00時31分更新日時
(Last update)
2022年12月14日 00時31分
質問
(Question)
庭先や道ばたにある黒みがかったプルプルした物体は何なのか。コケ類なのか。気持ちが悪いので駆除したいが、毒性はあるのか。放置してもよいのか。
回答
(Answer)
 この物体が地衣類であると推測し、①『街なかの地衣類ハンドブック』を参照したところ、カラー写真にシアノバクテリア(イシクラゲ)と書かれていた。p.5に「地衣類と間違われやすい生き物の代表は、先にも述べた通りコケ植物です。コケ植物は、蘚類(せんるい)・苔類(たいるい)・ツノゴケ類に分類されますが、いずれも地衣類っぽい形の種があります。その他に、スミレモやクロレラなどの緑藻類、イシクラゲなどのシアノバクテリア(=藍藻類)、きのこ類、カビ類、変形菌類などもしばしば地衣類と間違われます。」と記述されており、この物体はイシクラゲというシアノバクテリア(藍藻類)であることがわかった。
 そこで、藍藻類について②『朝日百科植物の世界12』を参照したところ、p.284のカラー写真に「ノストック・ウェルコスム」と記載されていた。同ページに、「中国ではネンジュモ属の仲間が貴重で高価な食べ物である。中華料理で珍重されるのがハッサイ(髪菜)Nostoc commune var.flagelliformis で、中国西北部に生育する。日本ではイシクラゲ、アネガワクラゲなどとよばれているノストック・ウェルコスム N.verrucosum が、昔から食用として知られている。ネンジュモ属の糸状体の形態はアナベナ属と類似するが、多くの糸状体が複雑にねじれ、からみ合い、集合し、周囲に寒天物質を分泌するので、全体は肉眼でも見える群体となる。」と記述されていた。これにより、イシクラゲに毒性はないことがわかる。
 ③『ミドリムシの仲間がつくる地球環境と健康』では、イシクラゲの多様な生理作用についても言及されている。
 ④「盆栽世界」の「あの気持ち悪い厄介者の藍藻類「イシクラゲ」の駆除について」という記事のp.50に「梅雨時や涼しくなった秋口に、盆栽鉢の表土に発生するイシクラゲ。濡れるとプルプルとした寒天状で弾力がある。色はオリーブブラウンで透明に近い。見た目は気持ち悪いが、酢の物などにして食べることができ、別名"岩キクラゲ”とも呼ばれる。しかし、本来のキクラゲはキノコの仲間で、こちらはまったく違う藍藻類の仲間だ。」とあり、漂白剤など7種類の液体を使った駆除実験も記載されている。
 また、⑤から⑧にシアノバクテリアについての記述はあるが、イシクラゲについては言及されていない。
⑨『食と微生物の事典』のp.464に「食べられるシアノバクテリア」という項目でイシクラゲが紹介されている。ここからも、イシクラゲに毒性はないことがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
葉状植物  (473 9版)
参考資料
(Reference materials)
①大村嘉人『街なかの地衣類ハンドブック』 文一総合出版, 2016, 80p. 参照はp.5.
②『朝日百科植物の世界12 シダ植物・コケ植物・地衣類・藻類・植物の形態』 朝日新聞社, 1997, 384p. 参照はp.283-284.
③竹中裕行『ミドリムシの仲間がつくる地球環境と健康 シアノバクテリア・緑藻・ユーグレナたちのパワー』 成山堂書店, 2017, 13,158p.図版16p. 参照はp.5-9, 22-25, 60-61, 94-95, 126-133, 146-147.
④「あの気持ち悪い厄介者の藍藻類「イシクラゲ」の駆除について」『盆栽世界』708,2016.12,p.50-51.
⑤柿嶌眞『菌類の生物学』 共立出版, 2014, 16,473p. 参照はp.16-21, 198-199.
⑥岡村均,深田吉孝『時計遺伝子の分子生物学』 シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004, 204p. 参照はp.3-13.
⑦千崎達也『図説ホントにすごい!生き物の図鑑』 秀和システム, 2018, 203p. 参照はp.181-183, 195-196.
⑧島本功『植物における環境と生物ストレスに対する応答』 共立出版, 2007, 501-736p. 参照はp.571-577.
⑨北本勝ひこ,春田伸『食と微生物の事典』 朝倉書店, 2017, 13,490p. 参照はp.464.
キーワード
(Keywords)
シアノバクテリア 藍藻類 イシクラゲ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2021041615031714744
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000309721解決/未解決
(Resolved / Unresolved)

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!