このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000251714
提供館
(Library)
千葉県立西部図書館 (2120003)管理番号
(Control number)
千県西-2018-0008
事例作成日
(Creation date)
2018年07月06日登録日時
(Registration date)
2019年02月14日 16時51分更新日時
(Last update)
2019年02月14日 16時51分
質問
(Question)
ユーラシア大陸を下に、日本列島を上に描いた地図はないか。
回答
(Answer)
問合せのような地図として、以下の(A)から(E)が見つかりました。地図そのものの所蔵館やそれを収載した資料を紹介します。

(A)富山県による初版「環日本海諸国図」(1994年)(350万分の1)
【資料1】『環日本海諸国図 富山中心正距方位図』(富山県土木部企画用地課企画 日本地図センター編集 1994)(国立国会図書館、富山県立図書館、石川県立図書館、東京都立図書館所蔵)
【資料2】平田益美・金沢敬・橋本良一「350万分1環日本海諸国図の作成について いわゆる逆さ地図の日本版作成(添付地図解説)」(『地図』33巻2号 1995.6)p48-53
https://ci.nii.ac.jp/naid/10002842846
本論のほか、「350万分1環日本海諸国図」が添付されています。
【資料3】藤田富士夫「「逆さ地図」史観と縄文の日本海交流」(『地図情報』23巻2号 2003.8)p18-20
本論のほか、裏表紙に「350万分1環日本海諸国図」が載っており、藤田氏が解説しています(p42)。
【資料4】『日本の歴史 00 「日本」とは何か』(網野善彦著 講談社 2000)
p35「環日本海諸国図(350万分の1)」本頁の上半分の白黒の地図が載っています。
巻頭口絵にカラーの「環日本海諸国図」が載っています。

(B)富山県による改訂版「環日本海・東アジア諸国図」(2012年)(450万分の1)
【資料5】『環日本海・東アジア諸国図 富山中心正距方位図』(富山県 2012)(国立国会図書館、富山県立図書館、東京都立図書館所蔵)
【資料6】『図解でよくわかる地政学のきほん』(荒巻豊志監修 誠文堂新光社 2016)
p156-157「大陸から見た日本『環日本海・東アジア諸国図(通称「逆さ地図」)』」と題して、当該地図がカラーで両頁にわたって載っています。

(C)佐渡市による「東アジア交流地図」(2010年)(600万分の1)
【資料7】齊藤忠光・新田聡「資料 添付地図解説 逆さ日本地図「東アジア交流地図」」(『地図』48巻2号 2010)p51-52
https://ci.nii.ac.jp/naid/130005107995
本論のほか、「東アジア交流地図」が添付されています。

(D)日本戦略研究フォーラムによる「東アジア地勢図」
【資料8】『守るべき人がいる』(佐藤正久著 ワニブックス 2012)
巻頭口絵にカラーの「東アジア地勢図 正距方位図法(北京中心)」が載っています。

(E)フジデンシ出版による「沖縄を中心とした東アジア逆さ歴史地図」
【資料9】『沖縄を中心とした東アジア逆さ歴史地図』(フジデンシ出版 2016)
回答プロセス
(Answering process)
まず、検索エンジンで「ユーラシア大陸から見た日本列島の地図」「南北逆さの日本列島の地図」等のフレーズで検索して、問合せのような地図の名称を調べました。以下のウェブサイトや論文から(A)(B)(C)(D)(E)という地図の存在がわかりました。
(A)(B)について
富山県「環日本海・東アジア諸国図(通称:逆さ地図)の掲載許可、販売について」
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1510/kj00000275.html
(C)について
齊藤忠光・新田聡「逆さ日本地図「東アジア交流地図」」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjca/48/2/48_2_51/_article/-char/ja
(D)について
日本戦略研究フォーラム「待望「東アジア地勢図」がついに完成」
http://www.jfss.gr.jp/news/map/map.htm
(E)について
ふくおか経済Web NEWS「沖縄中心の東アジア逆さ歴史地図を発売」
https://www.fukuoka-keizai.co.jp/news/%E6%B2%96%E7%B8%84%E4%B8%AD%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E9%80%86%E3%81%95%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%82%92%E7%99%BA%E5%A3%B2%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%87/

続いて、国立国会図書館「リサーチ・ナビ」( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ )で、(A)(B)(C)(D)(E)各地図の名称で検索して、地図そのものの所蔵館やそれを収載した資料を探しました。
(A)(B)について
【資料1】【資料2】【資料3】【資料5】
(C)について
【資料7】
(E)について
【資料9】

さらに、Googleブックス( https://books.google.co.jp )で、各地図の名称で検索して以下の資料に当たりました。
(A)(B)について
【資料4】【資料6】
(D)について
【資料8】

なお、自館の蔵書検索システムで件名「地図」「政治地理」「アジア(東部)」や全項目「地図」「環日本海」「東アジア」「世界情勢」「地政学」等のキーワードで検索して関連資料に当たりましたが、問合せのような配置の地図は見当たりませんでした。
また、上のGoogleブックスの検索結果で、問合せのような配置の地図を掲載した資料が他にもありましたが、いずれも白地図または詳しい地名の載っていないものでした。

(インターネット最終アクセス:2018年10月5日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
アジア  (292 9版)
地球.天文地理学  (448 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『環日本海諸国図 富山中心正距方位図』(富山県土木部企画用地課企画 日本地図センター編集 1994)(国立国会図書館ほか所蔵)
【資料2】平田益美・金沢敬・橋本良一「350万分1環日本海諸国図の作成について いわゆる逆さ地図の日本版作成(添付地図解説)」(『地図』33巻2号 1995.6)p48-53(0500837821)( https://ci.nii.ac.jp/naid/10002842846
【資料3】藤田富士夫「「逆さ地図」史観と縄文の日本海交流」(『地図情報』23巻2号 2003.8)p18-20(1501889744)
【資料4】『日本の歴史 00 「日本」とは何か』(網野善彦著 講談社 2000)(2101260360)
【資料5】『環日本海・東アジア諸国図 富山中心正距方位図』(富山県 2012)(国立国会図書館ほか所蔵)
【資料6】『図解でよくわかる地政学のきほん』(荒巻豊志監修 誠文堂新光社 2016)(県内市町村立図書館等所蔵)
【資料7】齊藤忠光・新田聡「資料 添付地図解説 逆さ日本地図「東アジア交流地図」」(『地図』48巻2号 2010)p51-52(2500553582)( https://ci.nii.ac.jp/naid/130005107995
【資料8】『守るべき人がいる』(佐藤正久著 ワニブックス 2012)(県内市町村立図書館等所蔵)
【資料9】『沖縄を中心とした東アジア逆さ歴史地図』(フジデンシ出版 2016)(沖縄県立図書館ほか所蔵)
キーワード
(Keywords)
政治地理
アジア(東部)
地図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000251714解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!