このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000248070
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2018口頭1201
事例作成日
(Creation date)
2018年12月11日登録日時
(Registration date)
2018年12月11日 11時16分更新日時
(Last update)
2018年12月19日 12時37分
質問
(Question)
夜空で生じる惑星の逆行というのはどのような現象か。例えば2018年の金星がどのような動きをして見えるのか知りたい。
回答
(Answer)
惑星の逆行について解説しているインターネット情報1、2018年の金星の動きについて解説しているインターネット情報2、資料1をご紹介します。
【 】内は当館の請求記号です。インターネットの最終アクセス日は2018年11月2日です。

インターネット情報1
天文学辞典(日本天文学会)( https://astro-dic.jp/
「逆行」でキーワード検索すると、「逆行」という項目を見ることができます。「何らかの基準に対して同じ方向に運動することを順行、逆方向に運動することを逆行という。」という説明の後、「公転の逆行」、「自転の逆行」、「見かけの逆行」の3種類の逆行について解説されています。夜空での惑星の逆行は、「見かけの逆行」に当たります。

インターネット情報2
暦wiki(国立天文台)( http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/
「逆行」でキーワード検索すると、「留」のページ内の「順行と逆行」という項目を見ることができます。主に「見かけの逆行」について解説されているほか、金星については、内惑星の例として2018~2019年の「地球から見た金星の位置」などの図が掲載されており、金星が逆行して見える様子が日付とともに図示されています。

資料1
天文年鑑編集委員会 編. 天文年鑑. 誠文堂新光社, 1949-【Z43-2159】
2018年版ではpp.132-133において、2018年の金星の動きについて解説されています。「図2 2018年 星座間の金星の動き」では、逆行を含めた金星の星座間での動きが図示されており、具体的な解説も付されています。

国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」の調べ方案内でも、天文学に関する資料を紹介していますので、あわせてご覧ください。
・宇宙科学について調べる( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-486.php
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
天文学.宇宙科学  (440 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
惑星
逆行
天文学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
科学技術
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000248070解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!