このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2119
事例作成日
(Creation date)
2012/07/17登録日時
(Registration date)
2012年11月17日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年11月17日 14時39分
質問
(Question)
鉄炭ダンゴによる水質浄化についての実験結果や論文について知りたい。
理論的には、磯焼けとよばれる海の砂漠化を解消するため、酸化鉄を主成分とする鉄炭ダンゴ
を海中に散布し、水質を浄化するということである。
回答
(Answer)
次の新聞記事、図書等をご紹介します。

1 新聞記事
 (1)「鉄炭団子の効果探る」(「中国新聞」2011年3月10日)
    この記事では、「東広島市が安芸津町の干潟で、鉄炭団子の効果について調査を
    始めた」とあります。「2011年9月と2012年3月に同じ場所で調査をして効果の有無や
    度合いを検証する」と報道されています。市議会でも取り上げられているようです。

    次のサイトから東広島市議会会議録を読むことができます。
    ・「東広島市議会会議録 平成22年第2回 6月定例会(第2日目)」
     1. 日時  平成22年6月9日(水曜日)
     2. 場所  東広島市議会議場
      https://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/gikai/data/h22/06090002.htm
    ページ内を「鉄炭団子」で検索すると、関連答弁を読むことができます。

    検査しているところ:広島県環境保健協会( http://www.kanhokyo.or.jp/

 (2)「遊子小新聞」(「読売新聞」2011年6月16日 朝刊p.31 [愛媛])
    宇和島市の遊子小学校では、活動として行っているようです。

 (3)「使用済みカイロで川を浄化」
    (「読売新聞」2011年2月27日朝刊p.37 [佐賀])
    佐賀市で、「佐賀大理工学部の宮島徹教授を中心とするグループが、鉄イオンを発生
    させて地元の川をきれいにいする実証実験に乗り出し、大手鉄鋼メーカーの協力も得ら
    れた」という内容が掲載されています。

 (4)「藻場再生へ「鉄炭団子」工夫」
    (「朝日新聞」2011年2月22日朝刊p.32 [山口全県])
    山口県立水産高校の水産化学部の活動が紹介されています。

 (5)「海や運河再生探る 横浜で水質改善シンポ」(「神奈川新聞」2011年2月13日)
    海洋緑化協会が主催するシンポジウムで、杉本幹生氏が講演したことが書かれています。

 (6)「11日に「水質改善シンポ」JFEなど主催」(「鉄鋼新聞」2012年2月9日)
    JFEスチール、海洋緑化協会、帆船日本丸記念財団などの主催で、
    鉄炭団子についての講演や、「JFEスチールの河野貴史(鉄粉・磁性材料研究部
    主任研究員) による帆船日本丸ドッグ内での鉄炭団子による水質及びヘドロ浄化
    実験計画」の講演があるシンポジウムが開催されるとの記事です。


2 雑誌論文
 (1)「赤潮原因藻の増殖を抑制する鉄キレート剤の探索とその生理生態への影響」
    牧 輝弥(「日本海水学会誌」60(4), p.243-252, 2006-08-01)
 
 (2)「鉄による海洋一次生産の制御機構(平成18年度水産学進歩賞)」武田 重信
    (「日本水産学会誌」73(3), p.429-432, 2007-05-15)
     http://ci.nii.ac.jp/naid/110006273416
    「CiNii 論文PDF - オープンアクセス」から本文が閲覧できます。

 (3)「北太平洋における鉄の存在状態と鉄が生物生産におよぼす影響に関する研究
    (2005年度日本海洋学会岡田賞受賞記念論文)」西岡 純
    (「海の研究 15(1)」p.19-36, 2006-01-05)
     http://ci.nii.ac.jp/naid/110003488733
    「CiNii 論文PDF - オープンアクセス」から本文が閲覧できます。
 
 (4)「海洋酸性化が植物プランクトンの動態および物質循環に及ぼす影響」
    杉江 恒二 , 芳村 毅
    (「海の研究」20(5), p.101-148, 2011-09-15)
     http://ci.nii.ac.jp/naid/110008750605
    「CiNii 論文PDF - オープンアクセス」から本文が閲覧できます。
  
 (5)「金属鉄を電子供与体として利用可能なメタン生成古細菌(MPA)と硫酸塩還元菌
   (SRB)の共存による鉄腐食促進作用」
    伊藤 公夫 , 若井 暁 , 鶴丸 博人 , 飯野 隆夫 , 森 浩二 , 内山 拓 , 三木 理 ,
    原山 重明 (「材料と環境 : zairyo-to-kankyo」60(9), p.402-410, 2011-09-15)
     http://ci.nii.ac.jp/naid/10029774082

 (6)「製鋼スラグ添加による栄養塩,金属元素およびフッ素の海水中への溶出挙動」
    中田 等 , 山内 学 , 森西 義章 , 増田 薫
    (「鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌」89(4), p.393-400, 2003-04)
     http://ci.nii.ac.jp/naid/10014435019
    「CiNii 論文PDF - オープンアクセス」から本文が閲覧できます。

 (7)「高等学校における水圏環境教育実践 : ながとふるさと緑化プロジェクト」
    安部豊(「水圏環境教育研究誌」 4(1): 115-127 2011-03-15)
     http://ci.nii.ac.jp/naid/120003644820
     http://oacis.lib.kaiyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/1096
    東京海洋大学学術機関リポジトリで本文が閲覧できます。
    p.125「活動に際しての問題点」では、関係各所に設置許可をとったときのことが
    記載してあります。

 (8)「国際商業」2010年7月号 国際商業出版
    p.108「”宇部の鉄人”杉本幹生氏の地球温暖化対策」

3 図書
 (1)『鉄は魔法つかい 命と地球をはぐくむ「鉄」物語』
    畠山重篤/著 スギヤマカナヨ/絵 小学館 2011

 (2)『鉄が地球温暖化を防ぐ』畠山重篤/著 文藝春秋 2008
  
 (3)『鉄理論=地球と生命の奇跡』矢田浩/著 講談社 2005

4 インターネットサイト
 (1)環境省 環境技術実証事業「閉鎖性海域における水環境改善技術分野」
     http://www.env.go.jp/policy/etv/s03_c2.html#KAIZEN
    「実証済技術一覧」が掲載されており、新日本製鐵株式会社、JFEスチール株式
    会社による「転炉系製鋼スラグ製品による沿岸域の環境改善技術」の実証試験
    結果の概要や報告書を読むことができます。

 (2)環境省 水・土壌・地盤環境の保全 閉鎖性海域対策関係「海域の物質循環
    健全化計画」  
     http://www.env.go.jp/water/heisa/healthyplan.html
  
    三津湾地域検討委員会 平成23年度第1回の議事次第・資料のページ
     http://www.env.go.jp/water/heisa/healthyplan/conf/mitsu_h23_001.html
    「海域の物質循環健全化計画について」の資料の中に
    東広島市で「鉄炭団子」の使用を検討している、という内容があります。

 (3)経済産業省中国経済産業局
    「平成22年度地域新成長産業創出促進事業瀬戸内海再生ニュービジネス創出
    調査事業報告書」平成23年2月経済産業省中国経済産業局        http://www.chugoku.meti.go.jp/research/chiikikeizai/pdf/setouchi_saisei_h22fy/setouchi_saisei_h22fy_all.pdf

 (4)「四日市大学松永勝彦教授(前編) 鉄の研究が生物多様性問題を解決
    (ECOJAPAN)」
     http://eco.nikkeibp.co.jp/style/eco/interview/080801_matsunaga01/index.html

 (5)「四日市大学松永勝彦教授(後編) 鉄の研究が生物多様性問題を解決
    (ECOJAPAN)」
     http://eco.nikkeibp.co.jp/style/eco/interview/080808_matsunaga02/index.html

 (6)鉄鋼スラグ協会「環境・グローバル時代に注目される利用技術開発」
     http://www.slg.jp/pdf/fs-124_11.pdf
    鉄鋼スラグ協会の「環境資材 鉄鋼スラグ」に掲載された記事です。
     http://www.slg.jp/publication/slag.html

 (7)新日本製鐵御のサイト「鉄を使った海の森づくり」
     http://www.nsc.co.jp/eco/recycle/sea.html

 (8)エコノワとやま「長田建設株式会社 『使い捨てカイロプロジェクト』で富山湾の
    藻場再生を!」
     http://www.tkz.or.jp/econowa/detail.php?id=100104#./_upload/100104/kankyou_pic1.jpg
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金属元素とその化合物  (436 8版)
衛生工学.都市工学  (518 8版)
環境工学.公害  (519 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000114146解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!