このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2011口頭0624
事例作成日
(Creation date)
20110624登録日時
(Registration date)
2011年07月21日 02時02分更新日時
(Last update)
2011年07月21日 16時31分
質問
(Question)
金属の光学定数、屈折率を掲載している資料はありますか。
回答
(Answer)
ご照会の事項について、以下のとおり回答します(【 】内は当館請求記号です)。

 『物理学辞典』(3訂版 培風館 2005.9 【MC2-H7】)によると、「光学定数」(p.694)の項目に、「透明体では屈折率、吸収体では複素屈折率をその媒質の光学定数という」とあり、「屈折率」(p.571)の項目に、「吸収を伴う媒質や光学的活性体に関する屈折率は、複素屈折率によって表され」、「複素屈折率はn-iκで表される。ここでnは普通の意味での屈折率、κは消衰係数」とあります。
 ここでは、屈折率(n)及び消衰係数(κ)の値が掲載されている資料(1)-(8)を紹介いたします。

(1)『化学便覧. 基礎編 2』(改訂5版 丸善 2004.2 【PA2-H22】)
化学分野の信頼性の高いデータを収載した便覧です。索引は各巻末に2冊共通の総索引(事項・人名)があり、金属の光学定数については「屈折率--金属の屈折率」で引くことができます。
「表14.54 金属と半導体の屈折率と反射率」(pp.II-643~II-644)に、17種類の物質について、屈折率(n)、消衰係数(κ)、反射率(R)のデータを掲載しています。
※データは『Handbook of optical constants of solids』(Academic Press c1998 【MC141-A151】)を原典にしています。

(2)『物理定数表』(新版 朝倉書店 1978.8 【MC2-19】)
物理学の学習、物理実験、物理的測定を行う学生、研究者、技術者に特に必要、有益な定数、図表などを取り上げ、取りまとめたデータ集です。巻末には50音順索引が用意されており、「光学定数--金属の光学定数」で引くことができます。
「7.1.2 金属の光学定数」(p.171)に、14種類の物質について、屈折率、消衰係数、反射率の表が掲載されています。

(3)『物理データ事典』(朝倉書店 2006.7 【MC2-H14】)
『物理定数表』(新版 朝倉書店 1978.8 【MC2-19】)の改訂版として企画された資料です。信頼できる物理定数と、データ内容を理解するための説明や解説を加えたデータ集です。巻末には50音順索引が用意されており、「光学定数」で引くことができます。
「IV.19.4 金属の光学的性質」の表19.13「金属の屈折率・消衰係数・反射率」(p.370)に、14種類の金属の屈折率、消衰係数、反射率の表が掲載されています。

(4)『天然および人工媒質の光学定数』(ヴェ・エム・ゾロタリョフ〔ほか〕著 日ソ通信社 1986.7 【MC141-160】)
淡水と海水、氷、石油、水溶液、溶媒、金属、結晶とガラス、半導体、ポリマーおよびエーロゾルなど、多種多様な物質の屈折率と吸収率に関するデータを1冊にまとめた資料です。「第5章 金属の光学定数」(pp.69-98)に、金属の屈折率(n)、消衰係数(κ)のデータ(テーブル/一部チャート)と、参考文献一覧が掲載されています。

(5)『CRC Handbook of Chemistry and Physics 』(CRC Press  年刊 【Z63-C694】)
化学と物理学のデータを、可能な限り広く深く網羅することを目的として編集されたデータ集です。収録データは各分野の専門家によって慎重に選びだされたもので、1913年の創刊号から毎年新しいデータを加えて刊行され続けています。巻末の索引か各セクションの表紙ページの項目一覧から、求めるデータを検索できるようになっており、「Optical properties --metals」で引くことができます。
第91版(2010/2011)では、「Section12 Properties of Solids」の「Optical properties of selected elements」(pp.12-125~12-149)に、屈折率(n)、消衰係数(κ)、反射率(R)のデータ(テーブル)と、参考文献一覧を掲載しています。
※『Handbook of optical constants of solids』(Academic Press c1998 【MC141-A151】)などを原典にしています。

(6)『Handbook of optical constants of solids』(Academic Press c1998 【MC141-A151】)
固体の光学定数について、測定方法や解説とともに個々の物質のデータを掲載する全5巻のハンドブックです。物質ごとに収載巻が分かれており、第1-3巻の「Part.2 Critiques - Subpart.1 Metals」で、金属の屈折率(n)、消衰係数(κ)のデータ(テーブル/チャート)と、参考文献一覧を掲載しています。

(7)『Landolt-Boernstein 第6版』 (Springer 1950- 【530.83-L258z6】【M5-2】)
(8)『Landolt-Boernstein New Series』 (Springer 1961- 【M5-B1】)
化学・物理・工学などの研究雑誌の原著論文等を元に作成されたファクトデータ集です。6th Edition(第6版)とNew Series(新編)で構成されています。求めるデータを入手するためには、いずれの巻号に掲載されているか確認する必要があります。確認の手段としては、冊子体の資料による検索(「Substance Index」および「Comprehensive Index」)のほか、出版者のホームページ内の、Springer Materials( http://www.springermaterials.com/ )と、ハンブルク大学ホームページ内の、Landolt-Bornstein Substance / Property Index( http://lb.chemie.uni-hamburg.de/ )で、キーワード、物質名等から、収載巻号、ページ数を検索する方法があります。
金属の光学定数に関しては、6th Edition(第6版)のII/8「28 Optische Konstanten - 281 Metalle und Legierungen」(pp.1-1~1-42)と、New Series(新編)のVol. III/15B 4.3「Optical constants of pure metals」(pp.222-371)に、金属の屈折率(n)、消衰係数(κ)、反射率(R)のデータ(テーブル/チャート)と、参考文献一覧が掲載されています。

インターネットの最終アクセス日は、2011年6月30日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金属元素とその化合物  (436)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
光学定数
屈折率
複素屈折率
消衰係数
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000088844解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!