このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2007M0878
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2008年08月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年08月21日 09時38分
質問
(Question)
アメリカのCopperWeld社のCopper Clad Aluminumの製法に関する論文(約20年前に刊行されたようです)の所蔵を知りたい。
回答
(Answer)
お尋ねいただいたアメリカCopperWeld社のCopper Clad Aluminumの製法に関する論文については、書誌事項を確定できませんでした。
詳細は以下をご覧下さい。なお、【 】は当館請求記号です。
当館で契約している以下のデータベースを、キーワード「CopperWeld」、「Copper Clad Aluminum」でAND検索を行いました。
・科学技術系抄録・索引データベースWeb of Science
・化学系抄録・索引データベースCA on CD
・工学系抄録・索引データベースCompendex
・テクニカルリポート抄録・索引データベースNTIS
・技術系抄録・索引データベースCSA Materials Research Database with METADEX

 各データベースの検索結果は以下のとおりです。
[ Web of Science ]
 1900年以降の主な科学技術文献を収録しているデータベースですが、検索の結果、該当する文献は見当たりませんでした。
[ CA on CD ]
 Chemical AbstractsのCD-ROM版です。
20年程度前の論文とのことでしたので、やや広めに1977~1996年の範囲で検索を行いましたが、
該当する文献は見当たりませんでした。なお、1977年より前の文献はCD-ROM版には収録されていません。
[ Compendex ]
 1969年以降の主な工学系の文献を収録しているデータベースです。検索の結果、下記2件のレコードがヒットしましたが、
刊行年が2000年および2001年となっており、お尋ねの文献ではないようです。
(1)
Title:Strategies for optimizing cable design and performance through the use of bimetallic wire
Authors:Perrard, W.
Author affiliation:LTV Copperweld Bimetallic Products, Fayetteville, TN, United States
Serial title:Wire Journal International
Abbreviated serial title:Wire J Int
Volume:v 34
Issue:n 7
Issue date:July
Publication year:2001
Pages:p 154-159
Language:English
ISSN:0277-4275
Document type:Journal article (JA)
Publisher:Wire Association International Inc.
※この文献は当館関西館にて所蔵しています。【Z53-T41】

(2)
Title:Strategies for optimizing cable design and performance through the use of bimetallic wire
Authors:Perrard, Wayne
Author affiliation:LTV Copperweld Bimetallic Products, Fayetteville, TN, USA
Serial title:Proceedings of the Annual Convention of the Wire Association International
Abbreviated serial title:Proc Annu Conv Wire Assoc Int
Publication year:2000
Pages:p 352-357
Language:English
ISSN:0731-4191
Document type:Conference article (CA)
Conference name:Conference Proceedings. Wire and Cable Technical Symposium (WCTS)
Conference location:Nashville, TN, USA
Publisher:Wire Association International Inc., Guilford, CT, USA
※この文献は当館では所蔵していません。
国内では、NACSIS Webcat( http://webcat.nii.ac.jp/ )によると東京工業大学附属図書館にて所蔵しているようです。
JST資料所蔵目録Web検索システム( http://opac.jst.go.jp/ )によると(独)科学技術振興機構でも所蔵しているようです。

[ NTIS ]
 お尋ねの文献がテクニカルリポートとして刊行されている可能性を考慮して検索しました。
当館で契約しているCSA Illuminaの中に含まれており、1964年以降の文献情報が収録されているデータベースですが、
検索の結果、該当する文献は見当たりませんでした。

[ CSA Materials Research Database with METADEX ]
 『Aluminium Industry Abstracts』(1972年以降の文献を収録)、『Copper Data Center Database』(1965年以降の文献を収録)、
『Materials Business File』(1985年以降の文献を収録)、『METADEX』(1966年以降の文献を収録)、
『WELDASEARCH』(1967年以降の文献を収録)などのデータベースを統合検索することができ、
当館で契約しているCSA Illuminaの中に含まれています。検索の結果、上記(1)の文献以外に以下の4件のレコードがヒットしました。

(3)
標題:Copper-clad steel and aluminum wire
著者:Gibson, Alan
著者の所属先:Copperweld Bimetallics, LLC, USA
情報源:Wire Journal International. Vol. 40, no. 3, pp. 73. Mar. 2007
ISSN:0277-4275
出版者:Wire Journal, Inc , 1570 Boston Post Rd , P.O. Box H, Guilford, CT, 06437, USA
言語:English
出版型 Journal Article
※この文献は当館関西館にて所蔵しています。【Z53-T41】

(4)
標題:The Economics of Copper-Clad Aluminum Bimetallic Cables
著者:Gibson, Alan
著者の所属先:Product Applications Development Copperweld Bimetallic Products 254 Cotton Mill Road Fayetteville, TN 37334 USA
情報源:Wire & Cable Technology International. Vol. 33, no. 4, pp. 82-83. July-Aug. 2005
ISSN:0898-9850
出版者:Initial Publications Inc , 3869 Darrow Rd , Suite 101, Stow, OH, 44224, USA
言語:English
出版型:Journal Article
※この文献は当館関西館にて所蔵しています。【Z54-E497】

(5)
標題:Reduction of Size, Weight, and Cost of Automotive Wiring Components Through the Use of Bimetallic Wire
著者:Perrard, Wayne
著者の所属先:Copperweld
出版者:Society of Automotive Engineers, 400 Commonwealth Dr , Warrendale, PA, 15096, USA
報告書番号:SAE Document 2000-01-0067
注釈:SAE 2000 World Congress, March 2000, Detroit, MI, USA, Session: Aluminum Applications (Part A&B)
言語:English
出版年:2000
出版型:Conference Paper
※この文献は当館関西館にて所蔵しています。【M-SAE-2000-01-0067】

(6)
標題:COPPER CLAD ALUMINUM (TRADE LIT.)
著者の所属先:COPPERWELD SOUTHERN
情報源:TRADE LIT ; PP 4 PAGES; 1975
※この文献は当館では所蔵していません。国内外の所蔵機関も確認できませんでした。
 (3)~(5)の文献は刊行年が2000年以降であり、お尋ねの文献とは異なるようです。
(6)の文献はお尋ねの文献である可能性はありますが、当館で所蔵していないため、お尋ねの情報が記載されているか否かは確認できませんでした。
 また、当館で所蔵している(1), (3), (4), (5)の4点の文献に、お尋ねの内容に関する記述と参照文献が記載されている可能性を考慮し、
それぞれ現物を確認したところ、お尋ねの内容が記載されている可能性のある以下の参照文献がありました。

(7) “Copper Clad Aluminum (CCA) Wire”, LTV Copperweld Corporation, May, 1992, p.1.
 参照箇所の記述は以下のとおりです。
「As With copper-clad steel, copper-clad aluminum can be produced at virtually any cladding thickness, but material having a copper cladding of 10 percent of the overall volume is the most common commercial product. At this cladding ratio, copper-clad aluminum wire that is two AWG sizes smaller」(文献(1)の該当箇所)
 なお、この文献は、(5)の文献でも参照されています。
 ただし、この文献は当館では所蔵しておらず、国内外の所蔵機関も確認できませんでした。

 以上のとおり、今回の調査では、お尋ねの文献の書誌事項を確認できませんでした。
より詳しい情報は、直接、CopperWeld社にお問い合わせいただくのが確実と思われます。
CopperWeld社の連絡先は、以下のサイトに記載されています。
CopperWeld Corporation Company Profile
http://biz.yahoo.com/ic/55/55601.html
 インターネットの最終アクセス日は、2007年12月25日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金属元素とその化合物  (436 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
アルミニウム
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
NDL副出:565
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
専門図書館
登録番号
(Registration number)
1000046770解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!