このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104062
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2012口頭0208
事例作成日
(Creation date)
20120208登録日時
(Registration date)
2012年03月22日 02時01分更新日時
(Last update)
2014年07月08日 18時57分
質問
(Question)
アルゴン(Ar)と窒素(N2)の拡散係数(Diffusion coefficient)を知りたい。
回答
(Answer)
ご照会の事項について、以下のとおり回答します(【  】内は当館請求記号です)。
アルゴンと窒素の拡散係数について記載している資料(1)-(5)がありましたので、ご紹介します。

(1)『CRC Handbook of Chemistry and Physics』(91st ed. CRC Press 【Z63-C694】)
「Diffusion in Gases(気体の拡散)」(pp.6-245~6-246)では、101.325kPaにおける二種類の気体間の拡散係数を掲載しています。
「Ar-N2」はp.6-245に記載しており、273.15 kは0.168(cm^2/s)、293.15 kは0.190(cm^2/s)、373.15 kは0.290(cm^2/s)、473.15 kは0.439(cm^2/s)、573.15 kは0.615(cm^2/s)、673.15kは0.815(cm^2/s)とあります。

(2)『化学便覧. 基礎編 2』(改訂5版 日本化学会編 丸善 2004.2 【PA2-H22】)
p.Ⅱ-68の表(7.54)「無機化合物の混合気体の0℃, 1atmにおける相互拡散係数」では、二成分気体の相互拡散係数を掲載しています。「Ar-N2」は0.168(cm^2/s)とあります。

(3)『化学工学便覧』(改訂6版 化学工学会編 丸善 1999.2 【PA2-G48】)
p.110 表1.43「2成分混合気体の相互拡散係数(273k、103.13kPa、等モル混合物)」(p.110) では、気体の相互拡散係数を掲載しています。「N2-Ar」の拡散係数は0.168(cm^2/s)とあります。

(4)『Landolt-Börnstein:Zahlenwerte und Funktionen aus Physik, Chemie, Astronomie, Geophysik und Technik』(6. Aufl.Springer【530.83-L258z6】)
II 5a pp.516-565「2521 Diffusion in Gasen」では、気体の拡散係数を掲載しています。
「Ar-N2」はp.535に記載しており、244.2(°K)は0.1348(cm^2/s)、274.6(°K)は0.1689(cm^2/s)、303.55(°K)は0.1999(cm^2/s)、347.7(°K)は0.2433(cm^2/s)とあります。

(5)『物性定数. 第8集(1970)』(化学工学協会編【571.01-Ka155b】) [国立国会図書館のデジタル化資料:館内限定公開]
pp.229-230 表9.10「気体の輸送物性の温度依存性の近似式」では、拡散係数とその誤差を掲載しています。 Ar+N2はp.230に掲載されており、0.168(cm^2/s)と記載されています。

データベースの最終アクセス日は、2012年3月5日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
無機化学  (435)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
拡散係数
diffusion coefficient
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000104062解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!