このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129367
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B121115110928
事例作成日
(Creation date)
2012/12/7登録日時
(Registration date)
2013年03月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年03月25日 16時14分
質問
(Question)
XPS(ESCA)によって解析された2価と3価の鉄の結合エネルギーの値、または鉄の2価と3価の2P電子の結合エネルギーの値について掲載されている資料をご紹介ください。
回答
(Answer)
ご照会の事項について、以下の通り回答します(【  】内は当館請求記号です)。
「XPS(ESCA)によって解析された2価と3価の鉄の結合エネルギーの値」または「鉄の2価と3価の2P電子の結合エネルギーの値」について、ご照会の内容に近い可能性のある文献等を紹介します。

Science DirectおよびWeb of Science(いずれも当館契約データベース)を検索したところ、以下(1)~(3)の文献が見つかりました。
その他、インターネット情報(4)が見つかりました。また、(4)で取りあげられていた文献(5)についても書誌事項をお知らせします。
(1)
論文タイトル:Investigation of multiplet splitting of Fe 2p XPS spectra and bonding in iron compounds
著者名:Grosvenor AP Kobe BA Biesinger MC McIntyre NS
雑誌タイトル:Surface and Interface Analysis【Z54-A396】
収録巻号、ページ:36(12)(2004.12) pp.1564-1574
Table 1「Gupta and Sen(GS) multiplet peak parameters used to fit the high-spin Fe2+ and Fe3+ compounds」(p.1567)に以下の値が示されています。
Compound:Fe3O4 (Fe3+)
Peak 1 (eV):710.2
Peak 2 (eV):711.3
Peak 3 (eV):712.4
Peak 4 (eV):713.6
Compound:Fe3O4 (Fe2+)
Peak 1 (eV):708.3
Peak 2 (eV):709.3
Peak 3 (eV):710.4
また、Table 2「The Fe 2p 3/2 and ligand peak centre of gravities(CG) determined for all high-and low-spin compounds examined, as well as the satellite ― 2p 3/2 CG energy separations found for the high-spin compounds」(p.1570)には
Compound:Fe3O4 (magnetite)
Ion:Fe2+ 2p 3/2
Main peak CG (+- 0.2 eV):709.0
とあります。
また、Figure.6(p.1571)には、Fe3O4のFe2+とFe3+の多重項ピークの値がグラフで示されています。

(2)
論文タイトル:Preparation and photocatalytic activity of Fe-doped mesoporous titanium dioxide nanocrystalline photocatalysts
著者名:Minghua Zhou Jiaguo Yu Bei Cheng Huogen Yu
雑誌タイトル:Materials Chemistry and Physics【Z54-D271】(ISSN:0254-0584)
収録巻号、ページ:93(1)(2005.9.15) pp.159-163
「3.3. XPS characterization」の項(p.162)に、Fig.3.「High-resolution XPS spectra of the Fe2p3/2 region of the sample prepared from the mixed solution with RFe = 2.50 and calcined at 773 K for 3 h」というグラフが掲載されており、解説としては"Fig. 3 shows the high-resolution XPS spectra of the Fe2p3/2 region of mesoporous TiO2 powders. It can be seen from Fig. 3 that the peak of Fe2p3/2 can be fitted into two smaller peaks at binding energies of 710.7 and 709.2 eV, which are attributed to Fe3+ and Fe2+ ions, respectively [7], and their atomic percentages are Fe3+ (35.0%) and Fe2+ (65.0%)"とあります。

(3)
論文タイトル:Electrochemical properties of nano-sized Fe2O3-loaded carbon as a lithium battery anode
著者名:Bui Thi Hang Izumi Watanabe Takayuki Doi Shigeto Okada Jun-Ichi Yamaki
雑誌タイトル:Journal of Power Sources【Z53-V354】(ISSN:0378-7753)
収録巻号、ページ:161(2)(2006.10.27) pp.1281-1287
Fig. 9.「XPS spectra of Fe 2p3/2 core level for (a) nano-sized Fe2O3-loaded AB and (b) nano-sized Fe2O3-loaded graphite before cycling.」というグラフがp.1285に掲載されており、(a)(b)ともグラフの頂点に"710.9eV"という数値が記載されています。
グラフが掲載されている部分には以下の記述があり、[13](※参考文献"Handbook of XPS (JEOL)")に記載されたFe2pの結合エネルギーの値は710.9eVであるようです。
"To check the valence state of iron before and after the first charge process, XPS measurements were carried out and the results are presented in Fig. 9 and Fig. 10. Before cycling (Fig. 9), for both electrodes, the sharp peak of the Fe 2p3/2 component at a binding energy of 710.9 eV is characteristic of trivalent iron (Fe2o3)[13]"
なお、[13]で記載されている参考文献"Handbook of XPS (JEOL)"は当館で所蔵していないため、内容の確認はしていません。

(4)
NIST(米国国立標準技術研究所)のサイト上のデータベースNIST X-ray Photoelectron Spectroscopy Database( http://srdata.nist.gov/xps/Default.aspx )のSearch for the binding energy of an element and line( http://srdata.nist.gov/xps/ElmSpectralSrch.aspx?selEnergy=PE )メニューで以下の通り検索しました。

Element symbol:Fe
Line designation:2P

検索の結果、以下のようなデータが示されました。
[General]
Element:Fe
Formula:FeSe
Name:iron(II) selenide
Classes:selenide
[Citation]
Author Name(s):Shenasa M., Sainkar S., Lichtman D.
Journal:J. Electron Spectrosc. Relat. Phemon. 40, 329 (1986)
[Data Processing]
Data Type:Photoelectron Line
Line Designation:2p
Binding Energy (eV):710.90
[Measurement Information]
Use of X-ray Monochromator:No
Charge Reference:AC 1s 284.6 eV
Energy Scale Evalution:Reliable, with two-point correction of energy scale
[Specimen Information]
Specimen:sputtered in argon

(5)
論文タイトル:XPS study of some selected selenium compounds
著者名:Mohsen Shenasa Sudhakar Sainkar David Lichtman
雑誌タイトル:Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena 【Z53-V231】(ISSN:0368-2048)
収録巻号、ページ:40(4)(1986) pp.329-337


なお、参考までに、Science DirectおよびWeb of Science(いずれも当館契約データベース)の検索方法とヒット件数を示します。
Science Directを以下のキーワードでイメージ検索したところ、それぞれグラフ画像が17件、21件ヒットしました(△はスペースです)。ほとんどのグラフが縦軸を"Intensity(a.u.)"、横軸を"Binding Energy(eV)"としたものです。
・xps△"fe2+"△"binding energy"
・xps△"fe3+"△"binding energy"
Web of Scienceを以下のキーワードで検索したところ、それぞれ9件、20件ヒットしました。
・xps△"fe2+"△"binding energy"
・xps△"fe3+"△"binding energy"

[その他調査済み資料・データベース]
・J-GLOBAL( http://jglobal.jst.go.jp/
・CiNii Articles( http://ci.nii.ac.jp/
・"ASM handbook" v. 10. Materials characterization(ASM International【PD2-B7】)

インターネット及びデータベースの最終アクセス日は2012年12月3日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
JDreamII
XPS(X線光電子分光)データベース( http://techdb.podzone.net/
NDC
物理化学.理論化学  (431)
分析化学[化学分析]  (433)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
電子分光法
XPS
結合エネルギー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000129367解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!